top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

26時のマスカレイド 江嶋綾恵梨[インタビュー前編]解散決断を語る「私たちの再出発になりました」

Pop’n’Roll

26時のマスカレイド 江嶋綾恵梨[インタビュー前編]解散決断を語る「私たちの再出発になりました」

26時のマスカレイドが、今年10月30日をもって解散する。この6年間、激動のアイドルシーンを全力で駆け抜け、大きな存在感と功績を残してきた彼女たちは、なぜこの決断を下したのか。また、どのような想いを持って、ニジマスとしての最後の活動に臨もうとしているのか。今回、リーダーの江嶋綾恵梨に全2回に渡るロングインタビューを敢行。前編では、解散を決意するまでの経緯と、発表当日の舞台裏などについて語ってもらった。

【画像はこちら】

撮影:河邉有実莉
編集協力:竹内伸一
スタイリスト:馳尾潤子(Jstyles)

解散は、常に意識はしていました

――まずは、解散の話から伺いたいのですが、解散発表は4月17日でした。実際、その決断をしたのは、いつ頃だったのでしょうか?

江嶋:
今年の1月です。メンバーみんなで話をしました。いつ発表するかというような日程までは、その時には決めていませんでしたけど。でも、10月30日をもって解散しようって決めました。

――その話し合いは、解散を前提に集まったものだったんですか?

江嶋:
そうですね。これまでも解散については、漠然と意識はしていたんですよ。メンバーで“いつまでやる?”みたいな話が出ることもありましたし。それで1月に、メンバーで集まって“10月30日まで駆け抜けて終わりにしよう”って決めて、それを運営さんに伝えたんです。運営さんたちは“えっ!?”ってなってましたけど……でも、メンバーはみんな、1度決めたことは貫くタイプだから、私たちの意志を受け入れてもらいました。“今年は駆け抜けたいので、みなさんと最後まで頑張りたいです”って言ったら、“じゃあ、みんなのことを最後までちゃんと見届けられるスケジュールを組みます”って言ってくれて。それが私たちの再出発という感じがしましたね。明確なゴールができたので、みんなの想いが改めて1つになったような気がします。

――江嶋さん自身が、解散を意識したのはいつですか?

江嶋:
解散は、常に意識はしていました。それで去年くらいから解散について真剣に考えるようになって。運営さんには、解散や卒業について考えているという話は伝えていたんです。運営さんからは“それは僕たちが決められることじゃないから、みんなでよく話し合って”って言われて、それで1月に話し合ったんです。

――去年、解散を強く意識したというのは、何かきっかけがあったんですか?

江嶋:
やっぱりコロナ禍が大きかったような気がします。どうしても活動が停滞しているような感じになってしまって。特に私の中にはすごくありました。なんていうか、このまま続けていって、また状況が上向くようなイメージができなくなってしまって。それだったら、ゴールを決めて、そこに向かって進んでいった方が、モチベーションも上がるのかな、やりたいことも明確になるのかな、やり切って終われるのかなと思っていたんです。でも、そういう気持ちって、私だけじゃなくてメンバーそれぞれが感じていたみたいなんですよね。もともと、私たちは1つずつライブの会場を大きくしていくとか、次々に新しいことに挑戦することで、モチベを上げていったんです。そういう私たちにファンの方もついてきてくれていて。もちろん、コロナ禍でも安定した活動はできていたとは思うんですよ。月に何回かはファンのみんなと話をする機会もあったし、ネットサイン会もやっていましたし。そうやって続けていくことはできるけど、果たしてそれは私たちが目指しているものなのか。そういう葛藤はみんなあったみたいです。でも、解散を決めたことでゴールが定まったので、やることが明確になって、今はみんな、すごくいい感じなんですよ。メンバーもそうだし、チームとしてもそうですね。“最後まで頑張ろう!”って、もう1回エンジンがかかった感じです……別に、これまでエンジンが止まっていたわけじゃないですけど(笑)。

江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)

復帰できたのはヨガのおかげ

広告の後にも続きます

――江嶋さんとしては、去年、体調を崩したことも大きかったですか?

江嶋:
考えるきっかけにはなりました。正直、お休みしたまま退こうかって悩んだこともありました。でも、体調不良で休養したままで終わりっていうのが、どうしても嫌で。それで根性で戻ってきたんです(笑)。実際、今、体調は100%かって聞かれると、“100です”とは言えないんです。体調はまだまだ日によって変化が大きいですね。でも、ヨガを始めてからは、だいぶ変わりました。今までは突然体調が悪くなっていたんですよ。ただ、今は“これ以上やったら悪くなる”というのがわかるようになったので。なぜそうなったかはよくわからないですけどね。ヨガで自分の身体と向き合っているからなのかな。体調が悪くなるサインがわかるようになったおかげで、イベントを休んだりすることがなくなりました。

――それまでは自分のリミッターがわからなかったから、それを超えたことを突然知ったんでしょうね。

江嶋:
そうなんですよ。自分では無理をしているっていう自覚もないんです。ライブには出たいし、仕事は休みたくないから、多少のことだったら頑張ってやっていたんですけど、きっと悪循環になっていたんでしょうね。改善する方法もわかりませんでしたしね。でもヨガを始めて、ちょっとそれができるようになってきました。少なくとも、人前で体調が悪くなることは絶対にないですね。体調が悪くなりそうだなって感じたら、自分の中で休む時間が作れるようになったんです。それはすごく大きいです。

――ヨガは資格を取るほどハマっているようですけど、ヨガをやろうと思ったきっかけは何だったんですか?

江嶋:
お休みしていた時に、病院から“運動はするように”って言われていたんです。復帰した時に、突然歌ったり踊ったりしたら、100%身体に負荷がかかってしまうので、“家で寝ているだけではいけませんよ。なるべく毎日できるような運動をしてください。でも過度なものは避けてください”って。“いや、それムズ”って思ったんですけどね(笑)。私、ジムとか好きじゃないし……外で身体を動かすことは好きなんですけど。毎日トレーニングするみたいなことに、あんまり興味がなくて。ダンスは好きなんで、それだったら毎日続けられるなって思ったんですけど、“ダンスも内容によるかな”って先生に言われてしまって。ダンスも頭を振ったり、回転したりするので、そういうものになるとよくないんですよ。“体調がいい時なら問題ないですけど、そうじゃないとただつらいだけになってしまいますよ”って言われて、“じゃあ、私、何をすればいいの?”って(笑)。“ランニングも過度な部類に入るので、ウォーキングとかヨガですかね”って勧められたんですよね。それで、近所のヨガスタジオの体験に行ったんです。去年の4月くらいですね。それで通うようになって、確かに合っているかもっていう感じになったんですよ。最初はホットヨガに通ったんです。私、サウナも好きなんで、全然大丈夫だったんですけど、通ううちにヨガにハマって、自分でいろいろ調べたんです。そうしたら、自分の体調には常温のヨガの方が合っているのかなって、常温のヨガスタジオに通うようになりました。それからめっちゃ体調がよくなったんです。合う/合わないなので、別にホットヨガがよくないってことじゃなくて、自分には常温のヨガの方が合っていたということなんですけど。復帰できたのはヨガのおかげです。

――一気に体調が悪くなってしまったりすることがなくなった?

江嶋:
そうですね。もともとストレスを溜め込んでいることに気づいていなかったし、体調が悪いことも、ピークにならないと気づかなかったんですよ。お母さんによく“無理しないようにね”って言われていたんですけど、私、その意味がわからなくて(笑)。周りから“頑張り過ぎだよ”って言われたりもしていたんですけど、私の中ではまだ行けるから(笑)。体調を崩してお休みして、ヨガを始めたことで、それにやっと気づけるようになりました。今は“これ以上やると、どこか調子悪いところが出てくるな”って気づいたり、疲れが顔に出ていることがわかるようになりましたね。

――江嶋さんは責任感が強いから、倒れてしまうと、体調が悪いだけじゃなくて、多くの人に迷惑をかけたと、余計につらい思いをしてしまうんじゃないですか?

江嶋:
本当にそうですね。頑張り過ぎているつもりもないまま頑張っていたら、パタンとなってしまって、イベントに穴を開けてしまって。“いや大丈夫です。出ます”って言ったんですけど、スタッフさんから“お願いですから、休んでください”って言われて。倒れてしまったこと以上に、それがつらかったですね。お休みするのも、自分としては渋々だったんですよね。

――自分としては大丈夫だと思っているし、仕事に穴は開けたくないですよね。

江嶋:
そうなんですよ、それが1番嫌でした。だからお休みする時はめっちゃ悩みました。身体は本当にきつかったんですけど、でもやろうと思えばできるし……仮病で休むわけではないんだからって自分に言い聞かせて休みました。難しい性格をしていますね(笑)。

――でも、そうやってがむしゃらにやってきたからこそ、ニジマスが今のアイドルシーンで大きな評価を得た部分もありますよね。

江嶋:
それは絶対にあります。タフにやってきたというのは大きかったと思いますね。

江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)

“よく頑張ったね”って言われて、泣きました

――解散することをご家族に伝えた時は、どんな反応でした?

江嶋:
“よく頑張ったね”でした。私の親は“○○しなさい”とか“✕✕はやっちゃダメ”みたいなことは言わないんです。解散することを報告した時も“そうなんだ。よくここまで頑張ったね。最後までしっかりやらないとね”って。そんなふうに言ってくれるんだって、なんだか嬉しかったです。言わずとも私のことを理解してくれていたんでしょうね。

――周囲の友人はどうでした?

江嶋:
びっくりしてました。“今?”みたいな(笑)。“まだ行けるよ”ってみんな言ってくれて。ただ、やっぱり頻繁に会っている友達は“よく頑張ったね”でした。“お疲れさま。あと半年、行けるライブは全部行くね”っていう感じで。みんな、優しいんですよ。“え? なんで?”みたいに聞いてくる人もいなかったし。

――そこはあまり詮索せず、江嶋さんの決断を尊重してくれたと。

江嶋:
そうなんです。逆に“いい時期なんじゃないかな”って言ってくれる人もいて。

――江嶋さんは、人に恵まれていますね。

江嶋:
ホント、いい人ばっかりですよ!

――それは江嶋さんが引き寄せている部分もあると思います。

江嶋:
そうなのかな。そうでありたいですけど(笑)。でも、“10月で解散して、アイドルを辞めるんだよね”って言った時に、第一声で“よく頑張ったね”って言ってくれて、すごく嬉しかったです。私、友達にそう言われて、泣きましたもん。まさかの言葉だったんで。“もうちょっとやってほしかった”とか“もう観れないのが残念”とかっていうのは、想像していたんですけど。自分の想像よりも私のことを気遣ってくれたことに感激してしまって。みんなにそういうふうに言ってもらえたので、“あと半年、しっかりやらなくちゃ”って気合いも入りました。

――ファンの反応はどうでしたか?

江嶋:
ファンの人も、きっといろいろあると思うんですよ、言いたいことは。でも“みんなが決めたことだから、あと半年、しっかりライブに行きます”とか“悲しいけど、最後までついていきます”って、解散は悲しいんだけど、前向きに捉えてくださって。私たちが自分で決めたことに対して、ちゃんと応えてくれているんですよ。いい人たちですよね! もっと荒れるというか、いろいろなことを言われる覚悟もしていたので。解散発表の2日前に大阪遠征だったんですよ。私たちはもちろんいつ、どういう形で発表されるのか知っていたので、“どういう反応になるんだろうね?”って、遠征中に話をしていて。実は、発表当日は、やっぱり1人で過ごすのはいやで、友達と一緒にいたんです。

――発表の瞬間はどうしていたんですか?

江嶋:
実は、友達と渋谷に行ってビジョンを観ていました(笑)。ひっそりと木陰にいたんで、バレてないと思うんですけど……ファンの方に気づかれていたら恥ずかしい(笑)。ビジョンに向かってケータイを構えている人は、おそらくファンの人じゃないですか。それで気づかれちゃったら気まずいな、でも、みんなどんなふうに受け止めてくれるのかなって気になり過ぎちゃって。案の定“えっ、マジか”みたいな空気でした。

――当然そうなりますよね。

江嶋:
私も“そうだよね”って思いました。それを見て、私はすぐに立ち去ったんですけど、(SNSなどでの反応は)いろいろ思うことはあるはずなのに、私たちの気持ちをまず考えてくれて。“みんなが決めたことなら、最後まで応援します”って言ってくれる人たちに対して、私たちも最後まで責任を持たないといけないなって思っています。でも、ホントに最後が決まると、いろいろなことが明確になるんですよ。あと半年しかないから、これをしなくちゃとか、こういうことをやりたいとか、ライブもこういうふうにやりたいとか。もともとみんな意見を出すタイプなんですけど、こうした方がファンの人は喜んでくれるんじゃないかって、これまで以上に活発に意見が出てきますね。今やるべきことがちゃんと見えているような気がします。

――先ほど“アイドルを辞める”と言いましたけど、江嶋さんとしては、“ニジマスの解散=アイドルを卒業”ということなんでしょうか?

江嶋:
はい、ニジマスに入る時から、“ニジマスが最後”って決めていました。解散のあと、別のグループで活動するってことは、まったく考えていないです。これが最後だと決めて東京に出てきたし、ニジマス以上の経験は味わえないとも思います。自分が理想としているアイドル像を体現しながら、やりたい夢を叶えるのは、ニジマス以外では無理だと思うし、ニジマス以外だったら、何かしら納得できないことが出てくるような気もしますね。

――アイドルとしての江嶋綾恵梨のアイデンティティは、ニジマスでしか築けない?

江嶋:
そう思いますね。

江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)

江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド) サイン入りチェキプレゼント

<江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)10thアニバーサリーブック『memorial.』発売記念イベント>開催決定!

江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)10thアニバーサリーブック『memorial.』

<江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)10thアニバーサリーブック『memorial.』発売記念イベント>@タワーレコード錦糸町パルコ店

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル