top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【連載】RaMuのムビずきゅ!第7回:今年のホラー映画部門・暫定1位作品「ストレスフリーでしっかり怖くなれる」

Pop’n’Roll

【連載】RaMuのムビずきゅ!第7回:今年のホラー映画部門・暫定1位作品「ストレスフリーでしっかり怖くなれる」

映画が大好きなグラビアタレントYouTuberのRaMuが、今オススメしたい映画を愛情いっぱいに紹介していく本連載。今回は、RaMuにとっての今年のホラー映画部門・暫定1位作品について語る。

やぴ! RaMuずっきゅん!

今回紹介したい映画は、今年の新作ホラー映画『ブラック・フォン』です。私が大好きなブラムハウス・プロダクション制作なのですが、ブラムハウスと言ったら『パラノーマル・アクティビティ』『ハッピー・デス・デイ』『ハロウィン』『ゲット・アウト』などなど。数々のホラー作品が有名で、今1番ホラー業界で勢いのある制作会社です。

まず映画が始まる前によく制作会社のロゴが出ることが多いのですが、なんと今回の『ブラック・フォン』では、ブラムハウスのロゴ演出がかなり進化したんですよ! もうそこでテンションぶち上がりましたね!

そして、『ブラック・フォン』の監督、スコット・デリクソンは1作目の『ドクター・ストレンジ』の監督もされていて、ますます期待値が上がっていました。

しかし、ここで要注意です。もしこの映画を観るのであれば、予告編は絶対に観ないでください。個人的な意見としては、“ふらっと映画館に立ち寄ったらやっていたのでなんとなく観てみた”という感覚で観ていただければ、より一層楽しめると思います。

ブラムハウス映画はこういうのが多いんです! まさに棚から牡丹餅映画!

なので今回は、RaMu的楽しめたポイントを紹介していきたいと思います。

伏線回収が気持ちいいのなんの!

まずはざっくりとあらすじを……。

子供が次々と失踪する事件が多発しているとある町。主人公の少年フィニーはマジシャンと名乗る男性にとうとう誘拐されてしまう……。さあ、どうやって脱出する!?

おっと、かなり説明が少ないですが、ここまでにしておきます。あまり話してしまうと勘のいい方は察してしまうのでね。

この映画、ジャンルが難しいのですが、サスペンスホラースリラーとでも言っておきましょう。なんせおいしいものが、とても詰め込んであるのです。ちなみに、原作を書いたのはジョー・ヒルという方なのですが、なんとスティーブン・キングの息子さんなのです。映画好きの方なら、なんとなくこの映画、期待できるぞ!と思えますよね。

まず、この映画はしっかり怖いです。特にジャンプスケア(びっくりさせる演出)がとても秀逸。だいぶ怖いです。しかし気持ちいいと思えるくらいタイミングとテンポがよい。たまにあるじゃないですか。驚かせるのがしつこかったり、驚くタイミングがわかっちゃうホラー映画。その点に関しては、ストレスフリーなジャンプスケアでした。

そしてストーリーもちゃんと楽しめて、伏線回収が気持ちいいのなんの! 終わり方も近年観る映画では、珍しくすっきり終わってくれます。

スコット・デリクソン監督の過去作で『フッテージ』という映画があるのですが、“この監督、子どもが嫌いなのか……?”と思っちゃうくらい子どもの使い方がひどいんです(笑)。しかし、『ブラック・フォン』は本当に同じ監督か?と思うくらい兄弟愛や家族愛、友情が光に光った最高ジュブナイル映画でした。

さすがスティーブン・キングの息子!

ぜひこの夏はストレスフリーでしっかり怖くなれる『ブラック・フォン』で涼しくなってみてはいかがでしょうか。今日も読んでくれてありがとうね! 

また次回! じゃあの~。

筆者近況

映画Tシャツブランド『ハードコアチョコレート』さんで『シネマンション』が1日店長しました! 大反響で嬉しかった〜!

『バズ・ライトイヤー』観てきたよー! 『トイ・ストーリー』を追っ払って観たからSF映画として十分楽しめた!

TOPICS

ジャンル