top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ユニークなライジングスター、ク・ギョファンの持つ魅力とは?「D.P.」『モガディシュ 脱出までの14日間』で大注目

MOVIE WALKER PRESS

ユニークなライジングスター、ク・ギョファンの持つ魅力とは?「D.P.」『モガディシュ 脱出までの14日間』で大注目

『モガディシュ 脱出までの14日間』(公開中)は、青龍映画賞や百想芸術大賞といった韓国の映画賞の主要部門を軒並みさらった、リュ・スンワン監督渾身のアクション・ヒューマンドラマだ。本作には、憎々しい悪役から情の深いベテラン刑事まであらゆる役柄をこなすキム・ユンソクや、『シルミド SILMIDO』(03)の時からその重厚さで作品に深みを与え続けるホ・ジュノ、クールガイとして映画を華やかに彩るチョ・インソンといった、韓国映画界の名実ともに忠武路(映画産業が集中したいわゆる“韓国版ハリウッド”)を代表する俳優たちが好演を見せている。

そうしたなかでひときわ爪痕を残した俳優は、ク・ギョファンだ。ここ数年で頭角を現したような印象を持つが、実は彼は豊富で多彩な演技経験を持つ俳優だ。今回は『モガディシュ 脱出までの14日間』を中心に、ひと筋縄では行かないライジングスターについて紹介していきたい。

■ク・ギョファンが演じる北の高官の絶妙な人間味

『モガディシュ 脱出までの14日間』は、韓国がソウルオリンピックで大成功を収めたのちの1990年、国連への加盟に向けアフリカ諸国で盛んにロビー活動を展開していた際に起きた実際の事件を基にしている。ソマリアの首都モガディシュで、政府上層部の支持を得ようと奔走する韓国大使ハン(キム・ユンソク)とカン参事官(チョ・インソン)、そして南に先駆けてアフリカ諸国と関係を築き、同じく国連加盟を目指していた北のリム大使(ホ・ジュノ)とテ参事官(ク・ギョファン)は、互いに一歩も譲らぬまま妨害工作と情報戦をエスカレートさせていた。

そんななか、かねてから内戦が激化していたソマリアの反乱軍が勢いを増し、ついに「国民を弾圧するバーレ政権を援助する外国政府は敵」という声明を出したことで、各国の大使館は政府軍と反乱軍の戦いに巻き込まれていく。武装した反乱軍の若者によって大使館を追われ退路を断たれた北朝鮮のリム大使たちは、韓国側に助けを求める。相容れないふたつの国は、絶体絶命の窮地から協力して脱出を図ろうとする。

迫力あるアクションとドラマティックなキャラクターたちに心を掴まれる本作だが、ク・ギョファン扮するテ参事官は、南北関係を描いた既存の作品における北の高官とはやや趣を異にしている。確かに、反乱軍に追われたリム大使が、やむにやまれず韓国大使館へ逃げ込もうとした時、「子どもたちを反動分子にするつもりですか」と思いとどまらせようとしているあたりに、任務と国家への忠誠心が彼を支えていることは見て取れる。

一方で、例えば南への妨害工作として現地の青年を金で都合良く使う図々しさや、その青年たちが武装すると容易く痛めつけられてしまう弱々しさ、手柄を立てるために大使館の者を帰順者(北から南への転向者)に仕立てようと画策するカン参事官を覗き見るしぶとさなど、その一挙手一投足に垣間見えるある種の抜け目なさと絶妙な人間味は、このテ参事官という男の人物像をより興味深いものにしている。

ク・ギョファンの身長は173㎝。高身長が多い韓国俳優の中では、ひときわ華奢に見える。カン参事官と対立するシーンは、スタントダブルを使っているとはいえ、189㎝でテコンドー有段者のチョ・インソンに簡単に蹴り飛ばされてしまう少年のような身体に思わず目を覆ってしまった。リュ・スンワン監督が同じく南北関係を扱った『ベルリンファイル』(13)でハ・ジョンウが演じた北の工作員の強靱さと全く違い、見た目が屈強な男性が立ち回ることが多い韓国映画では珍しい。

しかし終盤、銃弾が乱れ飛ぶ地獄のモガディシュを駆け抜けていく怒濤のカーチェイスが待っているが、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)のダイナミズムさえ感じさせるこのシーンで最も観客の胸を熱くさせるのは、完全にク・ギョファンなのだ。ちなみに、彼はこの撮影でハンドルを握るために運転免許を取得した。そんなキュートな裏話にも感動してしまう。

実は、ブロックバスター作品への参加経験があまり無いことを理由に関係者たちはク・ギョファンのキャスティングに反対し、元々彼のファンだったリュ・スンワン監督が押し切ったのだという。韓国メディアから流暢な北朝鮮訛りも評価されたそうで、魂が宿ったキャラクターと演技は存分に評価されたのだった。

■軍隊の暴力構造を打破する「D.P.」のホヨル

見た目ばかり強い男が活躍し、腕力で押す“マッチョイズムの神話”は、ク・ギョファンが演じるキャラクターには通用しない。軍務を放棄した脱走兵を逮捕する軍の捜査官を描くドラマ「D.P. -脱走兵追跡官-」は、その好例だった。主人公のアン・ジュノ(チョン・ヘイン)は、父親による苛烈なDVの中で生きてきた。誰よりも暴力を憎みつつ、追跡中の脱走兵の自殺を止められなかった自責の念に苦しんでいる。そんなアン・ジュノにとっても、彼を悲痛な面持ちで見ている視聴者にとっても気の休まる存在が、ク・ギョファン演じるハン・ホヨルだ。

高めの声で上官に軽口を叩くプレイフルなキャラクターは、軍隊という場を重く支配するマッチョイズムが一切ない。ホヨルはジュノに「脱走兵が食べたもの、立ち寄った場所などを追い、彼らの心情になりきることが捜査の心得だ。これぞメソッド式演技だ」と得意げに話す。メソッド式演技とはキャラクターの人格や深層心理を掘り下げて演じるスタイルのことで、笑いを誘うホヨルらしいシーンだが、そうした“メソッド式”は脱走兵の心情に深く寄り添うという作品の核に重なり、エピソードを重ねるごとに視聴者の共感を呼んでいく。

陰湿ないじめを受けて脱走し、除隊した加害者に復讐しようとするソクポン(チョ・ヒョンチョル)を止めようとしたホヨルは、「暴力を見て見ぬふりしていた傍観者たちも必ず明らかにする」と必死に語りかけていた。ハン・ジュニ監督は本作で、暴力がいかに構造に内面化されているかに肉迫し、「傍観も暴力構造のひとつ」だと明確に示した。こうした負のシステムを変えてくれるのは、ホヨルのような人物なのだ。

■物悲しい悪役の姿が記憶に残る『新感染半島 ファイナル・ステージ』

あるインタビューでク・ギョファンは、ドラマ「怪異」で考古学者を演じるため、人物設定をかなり掘り下げたことを明かしている。おそらくは彼自身が、“メソッド式”で役作りをしているのではないだろうか。それは『新感染半島 ファイナル・ステージ』(21)においてよく表れている。


国民のゾンビ化で荒廃した朝鮮半島に潜入し、放置された大金を運ぼうとする元軍人の主人公ジョンソク(カン・ドンウォン)と、半島で辛くも生き延びていた母子の脱出劇を描いた本作で、ク・ギョファンは民兵集団631部隊の大尉ソ・サンフンを演じている。631部隊は人命救助要員として半島へ送られていたが、次第に精神を病み、ただのごろつきになり下がっていた。ファン軍曹(キム・ミンジェ)は、生き残った人間とゾンビの鬼ごっこを観戦して陽気に笑う高揚した悪役だが、ソ大尉は最初の登場シーンから拳銃を口にくわえて死を望む男であり、悪役にしては物悲し過ぎる。彼は偶然手元に転がり込んだ大金を手にして地獄を脱出しようとするも、最終的には、憎まれ役にふさわしい最期を見せて映画から退場していく。

しかし、虚無感に満ちた眼差しは、姉や甥を見殺しにして生き残った罪悪感から厭世的に生きるジョンソクと相似形を成していて、もう一人の主人公と言ってもよい(ジョンソクとソ・サンフンの階級が同じく大尉であるというのも注目すべき点だろう)。本作の前日譚を描くウェブトゥーンでは、映画で曖昧にされたソ大尉の過去が明らかにされているそうだが、原作を読むまでもなく、ソ大尉の悲しみに触れたような思いがする。ク・ギョファンが彼の心情を完璧に消化し、これまでにないヴィランを完成させたからだ。

■パートナーとの共同作業で発揮する映画作家としての手腕

俳優として目覚ましい活躍を見せるク・ギョファンだが、良きパートナーである映画監督イ・オクソプとのビデオブログチャンネル「2×9HDク・ギョファン×イ・オクソプ」はいまも続けていて、出演はもちろん編集や脚本にも携わっている。ク・ギョファンによるスタイリッシュな編集にも目を見張るが、役者としては『LOVE VILLAIN』という作品で演じている、日本人の彼女メグとその友人との間に挟まれる少々頼りない彼氏・ギョファンが愛らしい。過剰な男らしさからほど遠い彼の魅力にマッチしていて、さすがは良さを知り尽くしたイ・オクソプ監督ならではの出来映えだと感じた。

そんな彼女の一風変わった恋愛映画新作『なまず』(7月29日公開)でも、ク・ギョファンはイ・ジュヨンが扮する主人公の恋人役で登場する。当初、脚本・演出は共同で行われていて、最終的にイ・オクソプ監督が一人で担当することになったものの、ク・ギョファンから「僕がやるのはどうかな?」という“出演の逆オファー”があったそうだ。さらにプロデューサー、脚本、編集としてもクレジットされている。

ルックスから醸しだす雰囲気も演じるキャラクターも、ユニークさと新しさを感じさせる俳優ク・ギョファン。彼は急上昇した注目度に感謝しながらも、「僕自身は大きく変わらないと思います」とどこか涼しげだ。縦横無尽な才能と演技の幅がこれからも広がり続けることを、大いに期待したい。

文/荒井 南

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル