top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

橋本環奈、殺し屋役に挑戦で筋肉痛「『今日は30人ね』とか言われて…」

MOVIE WALKER PRESS

橋本環奈、殺し屋役に挑戦で筋肉痛「『今日は30人ね』とか言われて…」

沢田新と浅井蓮次によるコミックを実写映画化した、『バイオレンスアクション』(8月19日公開)の完成披露試写会が6日都内で行われ、主演の橋本環奈、共演の杉野遥亮、鈴鹿央士、馬場ふみか、太田夢莉、城田優、高橋克典が浴衣姿で参加した。

バイト先で殺し屋として働く、ゆるふわ専門学生の日常をコミカルに描いた本作。ピンクボブがトレードマークの最強ヒットガール、菊野ケイを演じた橋本は、「タイトルに『バイオレンスアクション』と付いているくらいなので毎日戦っていました。撮影期間中は、毎日毎日人を殺していました。撮影前に『今日は30人ね』とか言われて…。毎日体が痛くて大変ななかで撮影をしたのを覚えています」と物騒なエピソードを笑顔で明かしていた。

そんなハードな撮影の日々にあって、馬場が店長を演じるラーメン屋のシーンは、橋本いわく「のほほん」とした憩いの場のような雰囲気だったという。しかし、そこで馬場がとんでもない事件を起こしたという。馬場が「『そこの酔っ払い奥へ』というセリフをいざ言おうと思ったら『そこのおっぱい!』と言ってしまって…。時が止まる感じがした」と告白すると、橋本は「しかも、モゴモゴ言うのではなくて、はっきりと『おっぱい!』と言っていた」と大爆笑。その場にいたという鈴鹿も、「いい声でした…」と苦笑で回想していた。

そんな鈴鹿は、まずい味という設定のラーメンを食べる場面について、「本当にまずかったので、ちょっと吐き出してしまいました」と反省。これに橋本は「私や優さんは普通に食べていたのに、央士は食べたものがそのまま出ていて、逆再生みたいになっていた」とハプニングに苦笑いだった。

殺し屋みちたかくんを演じた城田は、「こんなに綺麗な女性たちをイジメなあかんという…。でも2人とも身体能力が高いのでやりやすかったです」と手応え。明日が七夕ということにちなんで、願い事を聞かれると、「しゃっくりが止まりますように」とパネルにしたため。「簡潔に話すと、しゃっくりが12年ほど止まっていないということ。病院で検査は受けていて異常はなかったのでご心配なく」と謎の奇病を告白していた。

杉野が願い事を聞かれると「世界一周」と答え、「世界の色々なところに仕事で行きたいという夢があるので、それが叶えば」と祈願。いま一番行きたい国については、「ドバイ!なんかよさそう。最先端な気がするから」と無邪気に答えていた。

一方、橋本の願い事は「大ヒット祈願!王道です!今日の完成披露はなんのためにやっているのか?」と座長らしく本作の大ヒットを短冊に願うと、しゃっくり城田は「俺、書き直していいですか?俺だけ毛色が違うから…」と恥ずかしがっていた。

取材・文/石井隼人

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル