top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ラーメン屋『アナタゼッタイセアブラタリテナイ』で背脂たっぷりラーメン食った結果

ガジェット通信

ラーメン屋『アナタゼッタイセアブラタリテナイ』(東京都豊島区巣鴨1-14-1)は、もともと東京・高円寺にて営業を続けていたが、現在はJR巣鴨駅から徒歩1分ほどのラーメン屋『まるえ中華そば』を間借りして営業している。

かなり激レアなラーメン屋さん

希少なラーメン屋さんで、営業日は週1日だけ、水曜日のみ営業している。よって、水曜日に食べ逃すと、翌週の水曜日まで食べられない。かなり激レアなラーメン屋さんといえる。

まじ『アナタゼッタイセアブラタリテナイ』

店名が『アナタゼッタイセアブラタリテナイ』ということは、セアブラ系ラーメンなのは確実。「オレセアブラジューブンタリテル」もしくは「オレセアブラソノモノ」と思っている筆者だが、セアブラを補給するため食べに行ってみた。

店頭のボードには「セアブラ給油系塩ラーメン」と書かれていた。そうか、セアブラは給油するものだったんだ。できればハイオクでお願いしたい。

肉がたっぷり盛られているセアブララーメン

店内に入ると、券売機があるので食券を買う。今回オーダーしたラーメンは『塩肉セアブラ』(1200円)をオーダー。肉がたっぷり盛られているセアブララーメンだ。最初にセアブラの量を聞かれるので、多めにしてもらった。

かなり美しい盛り付け

広告の後にも続きます

やってきたラーメンは思ったよりも美しく、そしてスープがクリア。もっとガッツリと、超セアブラ地獄かと思っていたら、かなり美しい盛り付け。しかしドッサリと茶褐色のセアブラが大量に盛られていて、美しさと豪快さの絶妙な共存がそこにある。

極めて繊細でゴクゴク飲めるタイプ

麺が極めて特徴的。箸を沈めてサルベージすると、強いコシを持ったちぢれ気味の麺であることがわかる。食べると、これは良い……。強いコシと、良い意味で芯を感じる硬質由来の食感。これ、おれごのみのもの。スープはまったく油っぽくなく、極めて繊細でゴクゴク飲めるタイプ。

セアブラの「甘味」「コク」という長所

スープは繊細だが、浮かぶセアブラは超絶濃厚。塩気濃厚、脂濃厚、コッテリ濃厚、極上の濃厚がここにある。セアブラを麺に絡ませて食べるが、まったく油っぽくなく、胃もたれ皆無なのは、上品なスープが「悪い意味での脂感」を打ち消し、セアブラの「甘味」「コク」という長所だけを増幅させているからだろう。

恐るべきラスボス的ラーメン『最後の晩餐』

これは良き。『アナタゼッタイセアブラタリテナイ』のラーメンはラーメンではなく『アナタゼッタイセアブラタリテナイ』という食べ物である。

しかし、『アナタゼッタイセアブラタリテナイ』には、恐るべきラスボス的ラーメンがいた。その名も『最後の晩餐』。なんと、セアブラを約300グラム使用したもので、スープがすべてセアブラ。やばい、やばすぎる。そのレポートはまた別の記事にて。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル