top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

町田啓太の音痴説に新展開?歌声を聴いていた高校時代の恩師が事実を明かす!

COCONUTS

7月6日放送の「ポップUP!」(フジテレビ系)では、劇団EXILE・町田啓太さんが生出演。高校時代の恩師が番組の取材に応じ、町田さんの意外な一面を明かし話題を集めました。

(画像:時事)

■恩師が町田の高校時代のモテ伝説を明かす

番組は、町田さんが高校時代所属していたダンス部の顧問で、3年時の担任でもあった畠山洋子さんを取材。

高校時代の町田さんについて、畠山さんは「本当に正義感溢れる、仲間にとってもヒーローみたいな存在でしたし、誰に対しても優しく対応する男の子なので、謙虚の塊みたいな人間だったんで、非常に人気はあったんですが…。かっこ良すぎて、告白したり想いを寄せたり、好きになれないようなレベルの子っていうような見方を同級生はしていたと、そういう印象があります」とコメント。

また、「ダンス部の発表会とかに出ると囲まれてました。町田君背が高いんですけど、町田が見えなくなるぐらい女子がバァーッて、町田君に連絡先教えてとか、色々話したくて寄ってくるっていう感じですね」と、高校時代から町田さんはモテモテだった事を明かします。

広告の後にも続きます

あまりの人気に、同級生の男子が町田さんを警備する事もあったとのこと。

また、ダンスのイベント後に町田さんが大勢の女子に囲まれて解放されず、ダンスメンバーや顧問の先生が”町田待ち”で帰れなくなったというエピソードについて、町田さんは「解放してもらえないというか…。声掛けてくださった方とお話をちゃんとしていると、時間が経って」と、当時の記憶を回顧。

■町田の音痴説に新展開?歌声を聴いていた高校時代の恩師が事実を明かす!

一方で、畠山さんは「ちょっと歌わせると音痴だったので、カラオケさせた時に下手くそだなって思いました」と、町田さんは実は音痴だった事を暴露しました。

畠山さんについて町田さんは、「本当に嬉しいですし。でも先生は当に今たくさん覚えていらっしゃいますけど、それぞれの生徒さんみんな事覚えているんです。ハッキリ言ってくれますし、それがすごい愛情深いので、みんな本当に好いていたというか」と、高校時代の恩師の素顔を明かします。

音痴と指摘された事については、「多分ダメだったと思います。育ってきた環境が、ずっと田舎町で育ってきてて、カラオケとか全然行った事なかったんですけど、歌とかは好きだったので、調子に乗って歌ってしまいました」と、素直にその事を認めました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル