top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【6月の投打部門別ベスト3:パ・リーグ】ノーヒッター男・山本由伸は圧巻の3部門トップ!復調の杉本も3部門でランクイン<SLUGGER>

THE DIGEST

【6月の投打部門別ベスト3:パ・リーグ】ノーヒッター男・山本由伸は圧巻の3部門トップ!復調の杉本も3部門でランクイン<SLUGGER>

 7月8日に6月の月間MVPが発表されるのを前に、投打各部門の月間トップ3を紹介する。今回はパ・リーグ編だ。

【野手部門】
●OPS ※60打席以上
1位 グラシアル(ソフトバンク) .937
2位 杉本裕太郎(オリックス) .902
3位 山川穂高(西武) .889

 1位のグラシアルは月間出塁率.400がリーグベストで、長打率.537も3位。3・4月はOPS.410と大不振に陥っていた杉本だったが、交流戦では首位打者にも輝き、6月のOPSは昨季並と復調した。また、規定には3打席足りないながら、ベテラン栗山巧(西武)も.911と絶好調で、打率も.353の高さだった。3位の山川は打率.211にもかかわらず、900近いOPSを記録したのは驚異のひと言。

●打率 ※60打席以上
1位 グラシアル(ソフトバンク) .333
2位 銀次(楽天) .311
3位 中川圭太(オリックス).309

 1ヵ月の短いスパンでも、3割打者はリーグでわずか5人だけ。歴史的な投高打低が続く状況で、グラシアルは2ヵ月、銀次は3ヵ月続けて一流打者の基準を超えた。中川は新人だった2019年と同様に、交流戦で打率.339と強さを発揮。一方、3・4月の月間MVPだった西川遥輝(楽天)は5月に続き1割台(.184)に沈んだ。 

●安打
1位 野村佑希(日本ハム) 23
2位 宗佑磨(オリックス) 22
2位 杉本裕太郎(オリックス) 22
2位 浅村栄斗(楽天) 22
2位 松本剛(日本ハム) 22
2位 福田周平(オリックス) 22

 6人が3傑入りする団子状態に。1位の野村は6月の二塁打8本、宗は単打21本がリーグ最多。浅村は誰よりも多い月間13四球を獲得しながら、コンスタントに安打も積み重ねた。前月までの2ヵ月連続1位から松本が陥落も、いまだにシーズン最多安打は断トツで快走中だ。3人をランキングに送り出したオリックスは、チーム別でもリーグ最多の186安打を放った。
 ●本塁打
1位 山川穂高(西武) 7
2位 杉本裕太郎(オリックス) 5 
2位 浅村栄斗(楽天) 5

 山川は月間15安打のうち7本が柵越えで、開幕から3ヵ月続けてトップの座を譲らず。6月26日の西武戦では日本人最速で通算200号に到達し、2位の浅村に10本以上の差をつけてキングの座をひた走っている。だが、月間MVPは安打・本塁打・打点の3部門でトップ3に入り、打率も.282(15位)の杉本の方が有力かもしれない。

●打点
1位 中村将吾(ロッテ) 15
1位 杉本裕太郎(オリックス) 15
1位 レアード(ロッテ) 15

 3人がトップで並ぶ中、ロッテは主に3番を務める中村と、5番のレアードがランクイン。特にレアードは14安打を上回る15打点を稼ぎ、6月は打線全体がリーグ最多の73得点を記録した。なお、2人にはさまれた4番の安田尚憲は8打点(11位タイ)。対照的にソフトバンクは6月の首位打者グラシアルが5打点、5月に最多の23打点を叩き出した柳田悠岐も8打点にとどまり、打線はリーグワーストタイの57得点と停滞した。

●盗塁
1位 髙部瑛斗(ロッテ) 10
2位 荻野貴司(ロッテ) 5
3位 淺間大基(日本ハム) 4

 月間ダントツの数を積み上げた髙部は盗塁王争いでも独走。逆にタイトル争いでは2位の松本剛(日本ハム)と3位の西川遥輝(楽天)は2盗塁のみしか増やせなかった。トップ2を占めたロッテは、チーム全体で2位に倍差の28盗塁を成功させて得点増につなげた。
 【投手部門】
●防御率 ※20イニング以上
1位 ロメロ(ロッテ) 0.43
2位 山本由伸(オリックス) 0.56
3位 田嶋大樹(オリックス) 0.86

 6月18日の西武戦でノーヒットノーランを達成し、4先発で自責点わずか2の山本を抑え、防御率トップに立ったのはロメロ。3先発・計21イニングで自責点1のみと圧巻の投球だった。3・4月は御率0.34→5月は5.11と波が大きすぎるのが玉に瑕か。3位の田嶋は、6月22日のソフトバンク戦で2年ぶりの完封を自身初の無四球で飾った。

●勝利
1位 ロメロ(ロッテ) 3
1位 山本由伸(オリックス) 3
1位 田嶋大樹(オリックス) 3
1位 則本昂大(楽天) 3
1位 千賀滉大(ソフトバンク) 3
1位 美馬学(楽天) 3

 6人がリーグ最多の3勝を挙げたが、防御率トップ3がいずれもランクインした一方で美馬は月間20イニング以上でワーストの4.22と対照的な結果。一方で、リーグワーストの3敗を喫した投手は3人。中でも伊藤大海(日本ハム)は3先発でクォリティ・スタート(QS)2回にもかかわらず3連敗と勝ち運に見放された。

●奪三振
1位 山本由伸(オリックス) 33
2位 則本昂大(楽天) 25
3位 千賀滉大(ソフトバンク) 23

 山本は4先発とも投球回以上の三振を奪い、同じ先発数で19にとどまった前月からほぼ倍増。ノーヒッター達成や、勝ち星や投球回もトップの事実を加味すると、月間MVPの最有力候補か。今季の則本は奪三振率が自己ワーストの水準だが、6月28日のオリックス戦でシーズン初の2ケタ奪三振(10個)を記録した。また、開幕直前に育成から支配下登録された藤井皓哉(ソフトバンク)は“フォースラ”を武器に、救援では最多の16三振を奪った。
 ●投球回
1位 山本由伸(オリックス) 32.0
2位 大関友久(ソフトバンク) 28.0
3位 上沢直之(日本ハム) 27.1

 ノーヒッター達成の山本は1先発平均でも8イニングを消化。2位の大関は、6月25日の日本ハム戦で5月に続く完封を無四球で遂げた。白星はこの試合で挙げた1勝だけでも、シーズン防御率1.94で5傑入り。上沢は4先発でHQS2回、5失点が2回とムラは大きかったが、イニングは稼いだ。

●セーブ
1位 増田達至(西武) 8
2位 益田直也(ロッテ)7
3位 平野佳寿(オリックス)5
3位 松井裕樹(楽天)5

 1位の増田は5月と同様に無失点投球でリーグ最多セーブを挙げる快投。一方の益田も前月を踏襲し、セーブは重ねながらも防御率3点台と安定感は欠ける投球が続く。平野は6月2日に史上7人目の通算200セーブ到達し、38歳ながら増田や益田とセーブ王を争っている。

●ホールド
1位 平良海馬(西武)9
2位 東條大樹(ロッテ)8
3位 ゲレーロ(ロッテ)7

 順位はやや異なるが、5月とまったく同じ顔触れが3傑入り。特筆すべきは平良で、11登板とも無失点。東條とゲレーロはセットアップに定着したが、月間防御率は3点台後半とまだ全幅の信頼は置けない。先述の藤井や新人王資格を残す水上由伸(西武)が6ホールドを挙げ、トミー・ジョン手術から復帰した近藤大亮(オリックス)は無四球無失点で5ホールドを上積みした。

文●藤原彬

著者プロフィール
ふじわら・あきら/1984年生まれ。『SLUGGER』編集部に2014年から3年在籍し、現在はユーティリティとして編集・執筆・校正に携わる。ツイッターIDは@Struggler_AKIRA。
 

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル