top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

55歳で超絶アクション披露の東山紀之「これまでやってきたことが実を結んだ」 Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」【インタビュー】

もっとエンタメ

 東山紀之が主演する日本発の新感覚スパイアクション、Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」(全10話)が6月24日から、Amazon Prime Videoで独占配信中だ。本作は、世界中の犯罪者からターゲットにされる日本を舞台に、依頼が入ると冷静かつ迅速に任務を遂行する法務省外局・公安調査庁に設置された極秘スパイ機関「GOS=Global Operation Service」の諜報(ちょうほう)員が、人知れずこの国を守るために活躍する姿を描いたスパイアクション。主人公の羽柴猛を演じる東山に、作品の見どころ、撮影のエピソードなどを聞いた。

-本作の企画の経緯として、東山さんから「地上波でできないような激しいアクションをやりたい」という希望があったと聞きました。

 いやいや、企画は皆さんが。そんな大それたことを僕は言いません(笑)。ただ「より強い表現でできたら」という思いはもともとありました。監督はドラマ「刑事7人」(テレビ朝日系)でお世話になっている方でしたし、監督が「よりハードなアクションをやりたい」ということだったので「あっ、何か面白そうだな」と思って、身を任せた感じです。

-初めて脚本を読んだときの感想は?

 自分の肉体を使ってどこまで表現するのかが、勝負になるなと思いました。また、今の世界情勢を考えると、こういうことも確かにあり得るな…と思える内容だったので、それをエンターテインメントとしてどう見せるのか、そんな可能性を感じさせてくれる脚本でした。

-羽柴は、軍隊格闘のカリ・シラットに、手裏剣や吹き矢、かぎ縄など、日本古来の忍者道具を融合させた超絶アクションを繰り出します。撮影のため、特別なトレーニングはしましたか。

 僕は、20年近くボクシングとキックボクシングをやっていたので、それが今回役立ったというのはあると思います。いつ何が来てもいいように準備はしていたんです。だから、これまでやってきたことが今回、実を結んだ感じがしますね。

-実際のアクション撮影はいかがでしたか。 <…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル