top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大阪で『七月大歌舞伎』開幕ーー【昼の部】アクロバティックな演出で沸かせ、中村勘九郎らが笑いの渦に巻き込んだ初日公演

SPICE

『関西・歌舞伎を愛する会 第三十回 七月大歌舞伎』左から中村勘九郎、中村七之助、松本幸四郎 撮影=福家信哉


関西・歌舞伎を愛する会 第三十回 七月大歌舞伎 2022.7.3(SUN)〜24(SUN) 大阪松竹座

大阪の夏の始まりを告げる『関西・歌舞伎を愛する会 第三十回 七月大歌舞伎』が7月3日(日)より大阪松竹座で幕を開けた。中村鴈治郎、中村扇雀、片岡孝太郎、松本幸四郎、中村勘九郎、中村七之助ら東西の人気役者が出演、昼の部では「八重桐廓噺(やえぎりくるわばなし) 嫗山姥(こもちやまんば)」と「浮かれ心中」を上演中だ。

小道具を入れ替えながら、ひとり語りをする荻野屋八重桐(片岡孝太郎)


「八重桐廓噺 嫗山姥」は、近松門左衛門による「しゃべり」と呼ばれる女方のひとり語りが眼目の義太夫狂言。親の仇が実の妹と知り、それを恥じて自害したかつての夫、坂田蔵人時行(幸四郎)の魂が、もとは傾城で今は恋文の代筆をして歩く荻野屋八重桐(孝太郎)の体内に宿り、大力無双となって沢瀉姫(千之助)を奪いに来た太田十郎(中村虎之介)たちを難なく蹴散らすという物語だ。

広告の後にも続きます

荻野屋八重桐(片岡孝太郎、左)と腰元お歌(中村亀鶴、右)


義太夫の語りから始まり、花道から荻野屋八重桐の孝太郎が登場。紫と黒が配された着物を粋に着こなし、颯爽とした美しさをまとっている。ある館の前で懐かしい唄を耳にする八重桐が「傾城の祐筆」という売り声を上げると、門の中から中村亀鶴勤める腰元お歌が姿を現す。親しみのあるキャラクターのお歌、亀鶴のユーモラスな表情や動きが和やかな空気を作り出してゆく。

沢瀉姫(片岡千之助)


屋敷の中へと場面が移ると、沢瀉姫の千之助が堂々鎮座。あどけなさと生まれもった格式の高さの両方がにじみ出ており、ぐっと惹きつける。沢瀉姫に「なぜ傾城から紙衣姿の文売りに身をやつしたのか」と問われる場面では、煙草屋姿の元夫の蔵人がそこにいるとは知らず、身の上話を始める八重桐。ひとり語りに加えて身振り手振りも交えてユーモラスに。蔵人を巡って廓で大喧嘩をしたというエピソードでは我を忘れてヒートアップ。そんな姿は現代人と変わらず、より笑いを誘う。

煙草屋源七実は坂田蔵人時行(松本幸四郎)


話は一転、蔵人が親の仇の真実を知り、自害をする場面では会場は水を打ったような静けさに。息も絶え絶え思いを語る蔵人、幸四郎の迫真の演技にくぎ付けとなった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル