top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

[Alexandros]川上洋平、シェフのスリリングな一夜を90分間ワンショットで捉えた『ボイリング・ポイント/沸騰』について語る【映画連載:ポップコーン、バター多めで PART2】

SPICE

撮影=河本悠貴 ヘア&メイク=坂手マキ(vicca)


大の映画好きとして知られる[Alexandros]のボーカル&ギター川上洋平の映画連載「ポップコーン、バター多めで PART2」。今回は、崖っぷちのシェフのスリリングな一夜を驚異の90分間ワンショットで捉えた『ボイリング・ポイント/沸騰』について語ります。

『ボイリング・ポイント/沸騰』


──『ボイリング・ポイント』はどうでした?

期待はしてたけど、めっちゃ面白かったです。冒頭からいきなり話逸れますけど、ジャケも含めて20年前くらいに公開された『ディナーラッシュ』っていう映画を思い出しました。ワンカットではないんだけど、レストランの厨房で巻き起こる物語で、僕の中でのフード系映画では1位なんです。

――そうなんですね。

広告の後にも続きます

『ボイリング・ポイント』もフード系映画ランキングに食い込みました(笑)。

――なるほど(笑)。

レストランが舞台の映画っていうと結構ありますよね。ブラッドリー・クーパーの『二ツ星の料理人』と『幸せのレシピ』とか、フランスの『シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~』とか。あと『オリンダのレストランテ』も良かったです。

『ボイリング・ポイント/沸騰』より


■どこまでのミスでカメラを止めるのかが気になる

――『ボイリング・ポイント』は、まず90分全編がワンショットっていうのがすごいですけど。

何の前情報もなく観始めたんですけど、途中から「あれ? これワンカットじゃね?」って思って。でもさすがにどこか途中で切り替わるのかなと思ったら、そのままワンカットで終わって、「うわー!」って思いました。ブライアン・デ・パルマも真っ青ですね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル