top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

3代め水戸黄門・佐野浅夫さん死去…「黄門様といえば○○」で世代がわかる?

SmartFLASH

情にもろい「泣き虫黄門」を演じた(写真・朝日新聞)

 

 6月28日、老衰のため96歳で亡くなった俳優の佐野浅夫さん。1943年、18歳で劇団「苦楽座」に入団し、多くの舞台や映画、ドラマで活躍したが、なんといっても有名なのは、「三代目・水戸黄門」役だ。

 

 ドラマ『水戸黄門』(TBS系)は、1969年にシリーズがスタート。初代・水戸光圀を演じたのは東野英治郎だった。1983年の第14部からは西村晃が演じ、その後を受けたのが浅野さんだった。

広告の後にも続きます

 

 

 浅野さんは、1993年の第22部から2000年の第28部までの8年間、放送回数にして246回、水戸光圀を演じた。その後、光圀役は、石坂浩二、里見浩太朗が演じている。また、BS版として、武田鉄矢が2017年と2019年の2シリーズで光圀役を演じた。

 

 佐野さんの訃報がニュースで流れると、SNSにはその死を悼む声があふれたが、そのなかで目立ったのが「世代」という言葉だ。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル