top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大野拓朗、甲斐翔真がWキャストで主演 18年ぶり復活の音楽劇『クラウディア』Produced by 地球ゴージャスが開幕~プレスコール&取材会レポート

SPICE

切ない思いを「真夏の果実」に乗せて歌う甲斐翔真(左)と門山葉子



大野拓朗、甲斐翔真がダブルキャストで主演する、音楽劇『クラウディア』Produced by 地球ゴージャスが2022年7月4日(月)に、「東京建物 Brillia HALL」(東京都豊島区)でスタートした。東京公演は同地で24日(日)まで、大阪は7月29日(金)~31日(日)まで、森ノ宮ピロティホールで行われる。開幕直前には、「根國」の剣豪・細亜羅(ジアラ)役の大野と甲斐ほか出演者が、山本寛斎事務所がデザインした本番の衣装を身にまとい、プレスコールと取材会を実施。様子をレポートする。

演じる細亜羅の思いを「真っ直ぐ、熱く、純粋に届けたい」と話した大野(左)。「愛が持っている可能性を改めて感じて欲しい」と甲斐


舞台は俳優の岸谷五朗と寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」が2004年に初演。サザンオールスターズの名曲でつづられるジュークボックスミュージカルは、約12万人の観客を動員しており、再演が熱望されていた。

岸谷が「反戦三部作」の第1作目として演出・脚本・振り付けを手掛けた物語では、愛を禁じられ戦いに明け暮れる「根國」と「幹國」という2つの民族しかいない世界を描いた。神親殿(湖月わたる)という神が定めた絶対の掟に背いて、生まれた2つの恋はその世界そのものを揺るがしていく――。


広告の後にも続きます

愛するクラウディアを思いながら「真夏の果実」を歌う甲斐


愛する細亜羅を思いながら「真夏の果実」を歌う門山葉子


第1幕と2幕のシーンを披露したプレスコールでは、細亜羅役の甲斐が、敵対する「幹國」の少女・クラウディア(門山葉子)と「お互いの胸の内を明かそう」と「真夏の果実」を切なく歌い上げ、民族を超えて密かに育む愛を表現した。

「幹國」の長・毘子蔵(ヒコゾウ)役の小栗基裕と織愛(美弥るりか)は「恋のジャック・ナイフ」を歌いながら、迫力ある殺陣も見せ圧倒。2幕の見所のひとつ。神親殿役の湖月と龍の子役の新原泰佑が登場した場面では、物語のキーになる「リンドウ」の花を手に、「愛の言霊 ~Spiritual Message~」を熱唱した。


毘子蔵役の小栗基裕


舞のような妖艶な殺陣で圧倒した織愛役の美弥るりか


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル