top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

臼田あさ美“凪子”のちょい釣り美学に視聴者「これがダンディか」

TVerプラス


臼田あさ美が主演を務めるドラマ『ちょい釣りダンディ』(BSテレビ東、BSテレ東4K、毎週月曜24:00~)が、7月4日よりスタート。檀凪子(臼田)の釣りに対する思いや仕草について、SNS上では「ダンディ」「かっこいい」という声が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、阿鬼乱太の同名コミック(秋田書店「ヤングチャンピオン・コミックス」刊)が原作。原作では主人公の設定は男性なのだが、ドラマでは女性に変更して描かれ、臼田は天王寺建築設計事務所に勤め、会社帰りや仕事の合間で釣りを楽しむ“ちょい釣り”女子の主人公・凪子(通称:ダンディ)を演じる。

仕事で視察に出ていた凪子は、定時前だが帰社せずに帰って良いと事務所の社長・天王寺誠(上地雄輔)から許可をもらう。ちょうど視察先が海の近くだったことから「船橋港親水公園」を今回の“ちょい釣り”スポットに決め、釣りデートをしている高校生カップルの隣でさっそく釣りを開始。すぐにメバルを釣りあげ、つまらなそうにしていた隣の彼女に驚かれる。

その後、場所を変えようとすると、凪子に興味を持った彼女が付いて来た。彼女と話をしている最中に黒鯛(チヌ)の気配を感じた凪子は、すぐに釣り針などを“大物用”に切り替えるのだが、その際、行きつけの小料理屋「夕まづめ」の女将・七瀬いつき(太田莉菜)が言っていたことを思い出し“グミ”をエサにして釣ってみることに。

そのグミに魚が食いついたのだが、凪子が持っている網が届かずピンチ! すると高校生の彼氏が自分の網を持って駆け付けてくれ、見事に黒鯛を釣ることができた。

SNS上では「釣りへの思いがダンディすぎる」「仕草も丁寧。これがダンディということか」「設計図入れから釣り竿取り出すのかっこいい」「釣りをしてみたくなった!」といった感想が寄せられていた。

次回、第2話は7月11日に放送。同人誌即売会イベントのコスプレイヤーたちでにぎわう「水の広場公園」で、凪子はちょい釣りを楽しむ。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル