top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「マツコの知らない世界」にも出演・平岩理緒さんおすすめ!人気店の夏スイーツ3選

おいしいマルシェ

人気店で長く愛される“定番”スイーツとくれば、美味しさは間違いなし!そんな人気店の定番スイーツを平岩理緒さん(スイーツジャーナリスト)がご紹介する連載の中から、これから訪れる暑い夏にぴったりのスイーツをご紹介します。

北海道の恵みを閉じ込めた真っ赤なトマトゼリー


1949年創業、北海道千歳市の菓子店「もりもと」の「太陽いっぱいの真っ赤なゼリー」。北海道産のトマトを使ったゼリーとして夏場に人気の商品です。糖度の高い北海道産トマトを使用しているので、フルーツのような甘さとさわやかな酸味を楽しめます。みずみずしく、なめらかな食感のゼリーは、夏にぴったりですよ♪

目指したのは、トマトそのものの美味しさを引き立てるゼリー。トマトそのものの味のよさももちろんですが、単にトマトが濃厚!というのではなく、バランスを考慮して、トマトの青臭さが感じられないように工夫されています。カップのデザインもおしゃれで、赤色に緑の取っ手つきのホルダーという、いかにもトマトらしい色彩も映えますね。常温で持ち歩きでき、賞味期限も長めなので、食べたい分だけ冷やして食べられます。(平岩理緒さん

太陽いっぱいの真っ赤なゼリー/もりもと

フルーツを丸ごと器に!贅沢な涼やかシャーベット

1969年、大阪で創業した「ポアール」の2代目グランシェフ・辻井良樹氏が立ち上げたブランド「ポアール・デ・ロワGINZA」で人気の商品が、この「フルーツソルベ」。もともとは「ポアール」の商品でしたが、原材料をこだわりの国産フルーツに限定。さらに仕入れルートや味を見直し、新たな形で生まれ変わったフルーツソルベは、見た目も味も驚きの逸品。夏の手土産やギフトにもおすすめですよ。

フレッシュフルーツを1つずつ丁寧にくり抜いた皮の薄さはわずか1mmとのことで、まさに熟練の職人技!果汁たっぷりのシャーベットを皮の器に盛りつけてあり、りんごの「ポンム」などは、皮まで丸ごと美味しくいただけます。サイズの大きなフルーツには、ホール、ハーフ、1カットなどのサイズバリエーションもあるので、用途に応じて選ぶことが可能です。専用BOXに入ったホールサイズが冷凍で届くと、箱を開けた時のインパクトも抜群!サプライズのプレゼントや、ご褒美スイーツとしていかがでしょうか?(平岩理緒さん

フルーツソルベ/POIRE

ドリンクやかき氷に!ジンジャーシロップ


ジンジャーシロップ専門店「銀座のジンジャー」の看板商品「ジンジャーシロップ」。実は、「銀座のジンジャー」としてリブランドする前の「コンフィチュール エ プロヴァンス銀座本店(2004年開業)」時代から人気を集めているロングセラー商品です。定番のプレーンをはじめ、柚子やレモン、ブルーベリ、苺、ドライなど、お子様から大人まで楽しめるラインナップ。サイトには、おすすめの割り材やアレンジ方法が書いてあるので「何に使おうかな〜」とワクワクしながら選べます。

私は、より生姜感を高めた「ドライ」がお気に入りです。夏場は、シンプルに炭酸水で割って、シュワッとはじけるジンジャーエールにするのが一押し!ライムやミントの葉を添えると、さらにすっきりと味わえます。生姜の辛みが比較的やさしく、お子様も飲みやすい「苺」は、ミルクで割るといっそうまろやかに。苺の季節にはフレッシュの果実、夏には冷凍の苺を加えて、シェイクやフルーツスムージーのようにしてもいいですね。かき氷やバニラアイスにかけても、綺麗な赤色が映えますよ。(平岩理緒さん

ジンジャーシロップ/銀座のジンジャー

いかがでしたか?歴史のある人気店の定番スイーツは、どれも魅力的ですよね!他にもおとりよせネットでは、長年愛され続ける老舗の銘品をご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

老舗の銘品特集

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル