top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

横浜流星&李相日登壇!横浜「この作品が公開されたことは自分にとっての一つの転換期」ー 観客からの質問に次々回答。笑いに溢れた『流浪の月』ティーチインオフィシャルレポート到着!

cinefil

広瀬すずと松坂桃李をダブル主演に迎えた李相日監督最新映画『流浪(ルビ:るろう)の月』が、大ヒット全国公開中です。

(C) 2022「流浪の月」製作委員会  

実力と人気を兼ね備えた俳優・広瀬すずと松坂桃李の2人が紡ぐ物語は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説が原作。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない さらさ)を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき ふみ)を松坂が演じる。また、事件から15年経った現在の更紗の恋人・亮を横浜流星が、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみを多部未華子が演じ、加えて、趣里、三浦貴大、白鳥玉季(子役)、増田光桜(子役)、内田也哉子、柄本明らが共演に名を連ねている。

2人の限りなく稀有な関係性をスクリーンに描き出すのは、デビュー以来そのエモーショナルで骨太な作風で観客の心を鷲掴みにしてきた『フラガール』『悪人』『怒りなどの李相日(リ・サンイル)監督。また、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング 劇場版』『哭声/コクソン』『母なる証明』など、韓国映画史に残る作品を次々手がけてきた撮影監督・ホン・ギョンピョ、『キル・ビル Vol.1』『ヘイトフル・エイト』『フラガール』『悪人』『三度目の殺人』など、世界を股にかけて活躍する美術・種田陽平ら、国境を越えた才能が集結した。

この度、大ヒット全国公開中の本作で主人公の更紗(広瀬すず)の現在の恋人・亮を演じた横浜流星と李相日監督を迎えたティーチインが行われました。
公開から間もなく2カ月を迎える本作。会場に詰め掛けた鑑賞直後の観客の率直な質問に答えながら、今だから言える撮影時の裏話など様々な話題が飛び出し、笑いと拍手に包まれたイベントとなりました。

■日時:7月4日(月)21:10~21:40 
■場所:池袋HUMAXシネマズ シネマ1
(豊島区東池袋1-22-10ヒューマックスパビリオン 池袋サンシャイン60通り 8F)
■登壇:横浜流星(25)、李相日監督(48)

広告の後にも続きます

2020年本屋大賞を受賞した作家・凪良ゆうによる傑作小説を原作に、広瀬すず&松坂桃李がW主演で贈る映画『流浪の月』が現在大ヒット公開中!7月4日には都内劇場で横浜流星と李相日監督が参加するティーチインイベントが行われ、MCを立てずに李が進行を担当し、リラックスしたムードで裏話が語られた。

左より横浜流星さん、李相日監督

誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(広瀬)の現在の恋人・亮を演じた横浜。横浜にとっても新しい挑戦となった『流浪の月』を経て変化したことを聞かれると「この作品では、準備期間をたくさんいただいて幸せな環境も与えていただきました。また現場での監督の姿を見て、魂と命をかけて作品や役に向き合わなければいけないとも感じました」と俳優としての発見があったよう。

また亮は更紗を愛するが故に、その愛が暴力へと形を変えていく人物、という所謂“汚れ役”ゆえに李は「ファンの方は大丈夫?」とクランクイン前から心配していたことが明かされると、当の横浜は「恐怖心はありませんでした。(芸能界は)移り変わりが激しいというのは肌で感じていたし、ずっと人気があるなんて保証はない。自分の代わりはいくらでもいるからこそ、本物にならなければいけないと思いました」と覚悟をもって臨んだことをきっぱりと断言。ちなみに本作出演を機に横浜のInstagramのフォロワーは「277万くらのフォロワーがいたけれど274万に減っているんです!」と笑いながら明かすも「でもそれは役者冥利に尽きる。これからも色々な役に挑戦すると思うけれど、それでも応援してくれる人たちを大事にしようと思いました」と噛みしめるように語ると、会場は拍手喝采。横浜は「皆さん温かいんです」と嬉しそうだった。

横浜流星さん

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル