top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】a flood of circle、初のホールワンマン直前に語る「使命みたいなものがどんどん見えてきた」

BARKS


結成15周年にリリースされたアルバム『伝説の夜を君と』を引っ提げ、約4ヵ月にわたるツアー<Tour 伝説の夜を君と>を開催中のa flood of circleが7月8日、東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にてツアーファイナルであり初のホールワンマンを開催する。これに先駆けて7月2日から9日まで、ポップアップストア『FIREWORK RECORDS』も渋谷モディ1Fにて展開。会場ではツアー中に生まれた新曲「花火を見に行こう」のCD/カセットテープや限定グッズが販売されるなど、ファイナルへの高揚感を演出する。

◆a flood of circle 動画 / 画像

『伝説の夜を君と』の冒頭を飾るタイトル曲には、“♪俺たち 無敵さ/って思えたあの夜を過ごしたから”という一節がある。この言葉が現実となり得る運命の一夜を前に、バンド史上最大の挑戦に向けて、佐々木亮介(Vo,G)がその心中を独白する。

   ◆   ◆   ◆

■足場を固めたかった
■それができたツアーかな

──現在開催中の<Tour 伝説の夜を君と>も残すはファイナルのみですが、ここまで回ってきてどうでした?

佐々木:テツ(アオキテツ / G)が入ってからの5年間の一つの完成形をアルバム『伝説の夜を君と』では目指していて。今までは“毎回ちょっと違うほうが面白いかな?”と思ってツアー中にセットリストを変えまくってましたけど、今回はほとんど変えずに回って。それも初めてぐらいのことで、フラッドの足場を固めたかったし、それができたツアーかなと。ライブ自体は自信満々というか、精度が上がってるのを感じてますね。

──いろいろと変えて楽しませる良さではなく、繰り返して研ぎ澄ませる良さ。

佐々木:同じセットリストでやり続けることによって出てくる味とかパフォーマンスに、今回は向き合ったというか、一つのことをやり切ることが今のフラッドの自信にもなってるんじゃないかな。


──2月末の大阪 BIGCAT初日公演と、ツアーも大詰めの6月の大阪 umeda TRADの両公演を見ましたけど、長いツアーで疲弊するどころか、より強靭になっていて。

佐々木:コロナうんぬんも関係なく30本近いツアーをやったのは久しぶりだったんですけど、後半は新曲の「花火を見に行こう」をどんな形でやるかを探ってた期間でもありましたね。まずは岡山で1人で弾き語りでやって、次の福岡はナベちゃん(渡邊一丘 / Dr)と2人で。その翌日の大分は姐さん(HISAYO / B)と3人で、そして、大阪でテツも入れて初めて4人で披露したんですけど、ライブの本編で見せるべきものが固まっていたからこそ、アンコールでそういう遊びをやる余裕が俺にもメンバーにもあったのかなって。

──4人で完璧に演奏できるようになってからじゃないと、人前ではやらないというノリだったら、“ファイナルでようやく披露できるかな?”ぐらいの感じだったかもしれませんね。

佐々木:あと、その様子をSNSに上げていったのも含めて、“何か物語が生まれたらいいな”と岡山の朝にふと思いついちゃったんですよね。ちょっと前なら遠慮してメンバーにも言わなかったかもしれないけど、今ならみんな分かってくれるんじゃないかと思って。

──個人的には、結成からここまで共にサバイブしてきたナベちゃんと2人きりでやった福岡はエモかったなと。

佐々木:そんなの初めてだと思うんですよ。意外とナベちゃんが一番抵抗がなくて、2人バージョンの演奏も楽しかったですね。昔は不確定要素が多い=自由だと思ってたけど、今は足場が固まれば固まるほど、もっと自由にできると感じられたのは発見でした。

──ツアーを振り返って印象的な公演はあります?

佐々木:初日の大阪かな。大阪から始まることはなかったと思うし、長いツアーになるのは分かってたんで、すごい緊張感があったんですよ。ここ何年か、ライブでそんなことはなかったんですけど……そういうのも何かいいよなと思ったりもして。“何か俺、真面目にバンドに取り組んでるな”って(笑)。あと、今回のツアーが始まる前、1人でスタジオに入って“歌う”ということをかなり研究してたんですよね。このツアーを絶対いいものにしようと思ってたし、メンバーも同じ気持ちで臨めたのかなって。

──ツアーをして改めて思った、『伝説の夜を君と』というアルバムの特色はありました?

佐々木:実際、ライブのために作った要素が今までで一番大きいアルバムで、自分の引き出しにないものをやってもらうんじゃなくて、ライブを前提にメンバーにアレンジしてもらうほうが、みんなの一番いいところを引き出せるような気がして。自分の世界より、バンドを意識しながら曲を作った良さが出たのかなって。

──アルバム=常にライブ想定な感じだと思ったら、意外ですね。

佐々木:実はそんなこともなくて、毎回“これ、ライブでどうやってやったらいいんだろ?”と思ったり(笑)。イメージを固めて曲順も決めて作ったのもデカいんですけど、それが完成したツアーだと思うから、次の作品ではまた改めて、突拍子もないことをやってもいいのかなと今は思えてますね。改めて、“フラッドっていいな”と思えたツアーでした。

◆インタビュー【2】へ


■次のフラッドを感じさせたい
■自分たちも感じたい

──新曲「花火を見に行こう」はいつ、どういう状況で生まれた曲なんですか?

佐々木:今まではずっと曲を書いてきたのに、『伝説の夜を君と』を作ってからはこの1曲にしか取り組んでなくて、久々にこんなに時間をかけたなって。4ヵ月以上ツアーをしてきたんで、そのファイナルでは次のフラッドを感じさせたいし、自分たちも感じたい。今はまだ言えない話で秋ぐらいにやりたいことがあるんですけど、そのためにも象徴になる曲が欲しいなと思ったんですよね。だから、自分が好きなテイストでもマイブームでもなく、しっかり悩んでしっかり考えて、メロディとかコードにも徹底的にこだわって……自分の普段の生活とか日本の今の状況、ツアー中に戦争が始まったことから感じたものも全部盛り込まないとなと思って。合間にTHE KEBABSやソロをやってリラックスしようとかじゃなくて、本当にがっつり体重をかけて作ってましたね。この曲に懸けてた。

──常日頃オーバーワーク気味だとすら思う佐々木くんが、珍しく他のこともやらず一心に、しかもファイナルのLINE CUBE SHIBUYAどころか、その先を見ていた。

佐々木:あと、5月に<OTODAMA’22~音泉魂~ “BACK TO THE OFURO”>に出たのもすごくよくて。今年は“Closer”という立ち位置だったんで、俺らのライブが終わった後にわざわざもう1回花火を打ち上げてくれてイメージが湧いたのもあったし。そもそも主催の清水音泉の清水(裕)さんが、“とにかくフラッドが一番関西に来てくれてたから出したい”と言ってくれたのもあってのCloserだったんで。

──なるほど。花火というモチーフは、そこともつながっていたと。

佐々木:自分で勝手に結び付けてることがもう一つあって、ツアーの途中でカニエ・ウェスト(Ye)のドキュメンタリーがNetflixで公開されて。『Donda』というお母さんの名前を付けたアルバムが最近出たんですけど、カニエ・ウェストが今みたいにぶっ壊れちゃったのは、お母さんが亡くなったのがデカかったんだなと。そのお母さんがカニエ・ウェストに、“地に足を着けたまま高く飛びなさい”と伝えていて……“地に足を着けろ”も、Fly High的な“高く飛べ”もよく聞く言葉だけど、“地に足を着けたまま高く飛びなさい”って、確かにそれがカニエ・ウェストの一番いい状態のときだわと思って。メッセージもちゃんとあるし、真面目なだけでもない。それと花火を見に行く感覚が、今の自分にすごくフィットしたんですよ。いろいろと取り入れたことをいろいろとアウトプットするんじゃなくて、この半年とか1年の人生経験が全部反映された1曲にしたかったし、それぐらいパワーのある曲が作りたかったんですよね。

──佐々木くんはいろんなアウトプットを持ってるからこそ、一曲入魂はなかなか珍しい。

佐々木:THE KEBABSでもソロでもまだまだやることはあるけど、バンバン思いをアウトプットする時期から、一つ一つの精度やこだわりをもっと深めていきたかったし、それが次の自分の成長につながるんじゃないかと気付いたツアーだったんで。自分から自分への宿題、使命みたいなものがどんどん見えてきたというか。最初からみんなを巻き込むために曲を作るより、“すごい曲ができて、楽しいライブができてれば、みんながついて来てくれる”というほうに振り切ろうと。迷ってるときはつい色気を出して余計なことをしたりもするし、フラッドとしても自分の人生としても、そういう時期は過ごし切った感覚があったのかな。「花火を見に行こう」のジャケットが手書きになったのも、“もうちょっと自分をちゃんと打ち出そう”、みたいな。髪を染めたのも含めていろんな自分がいることを受け止めて、それをバラバラじゃなくて一つの作品で表現できるようになりたかったのかもしれない。


──そういう意味でも、この曲はそのパイロットソングな感じもあるよね。フラッドがいい曲をシーンにぶち上げて、楽しむことで人を巻き込んでいく。あと、花火ってどこからでも見えるし、花火を見に行く行為自体にロマンとハッピーがある。

佐々木:モチーフとしてはベタ過ぎるかなと一瞬思ったんですけど、花火の曲ってだいたい花火を見てる人の曲なんですよ。まだ花火を見ていない人の曲はあんまりない。『伝説の夜を君と』というタイトルもそうですけど、普通の言葉なのに、ありがちなモチーフなのに、その組み合わせは聞いたことがない、検索しても同じような歌詞が出てこない。それが自分の中でのOKラインだなって。

──ロマンとハッピーがあるけど、どこか刹那的な物悲しさもある。めちゃくちゃ輝くけど、いずれ消えるところも含めて、面白いモチーフだと思う。

佐々木:普段生きていて、ずっといいと思えるものってあんまりないと思うんですよ。体調や環境が悪かったら何もいいと思えなくなったりもするし。だから、永続的にいいと宣伝されたり誰かに言われても信じられなくて。ただ、一瞬しかそう思えなくても、その一瞬が何度もあることが希望になる。自分が戦争のことを考えるときに思うのはそこなんですよね。ずっと仲良くするのは、分かり合うのは無理かもしれないけど、一瞬でも異なる文化がいいなと思う瞬間があるなら、それを大事にするしかないんじゃないかなって。一瞬しかないから虚しいとか悲しい感覚も分からなくはないけど、その一瞬の美しさを思ってライブをしたり3分の曲にしてるんだなと思った。言えば言うほど真面目過ぎるなと自分でも思うんですけど(笑)、自分が感じてる今の状況が、それぐらいシリアスだったのかも。

──ミュージシャンのみんながみんな世の情勢に触れるわけじゃない。何なら素知らぬふりをする人もいる。でも、フラッドの曲は常にそれと対峙する覚悟が見え隠れするからグッとくるし、“駆け出せよ 全力で転ぶために”と歌える人って、なかなかいないと思う。

佐々木:その前に、“くたびれてるカーブミラーに/それなりで暮らす男”とあるんですけど、自分もその場から動かないで、誰かに“気を付けなよ”と言うだけの存在になっちゃってないかと思うことがあって。自分の責任で物事を動かしていくときって、やっぱり転ばないようにしがちだと思うんですよ。ただ、生き延びることを意識し過ぎると、“今、生きてる!”という一瞬の輝きはなくなってしまう。バンドを15年以上やってきて、続けること自体が目標にもなってきてる。でも、やり続ける=転ばないようにする、じゃないはずで。“全力で転ぶために”は、15年以上やってきた自分の言葉でしかないから同じように響くかは分からないけど、これはメンバー、a flood of circleが好きなお客さん、2022年という時代に対しても思う。誰もが“みんなでもう同じものは見られない”と悟ったような顔をしてる気がして……。一瞬でもいいから、同じ花火を見上げるときが来る、希望があると思って生きてるほうがまだマシなことが起こるんじゃないかと信じたいんですよ。もう昔からずっと同じ話ばっかりしてますよね(笑)。

──いやいや、人が失ってないはずのピュアな部分に訴えかけることを諦めないのがうれしいよ。だからこそ、“夢が叶うのは/奇跡じゃないぜ”という歌詞が刺さるんだなと思った。

佐々木:全部が希望的観測なんですけどね(笑)。でも、ジョン・レノンの『Imagine』に感動したことがある俺は、やっぱり希望を持って生きてるんだなといつでも思い出すんです。想像力に意味があるというか、昨日よりマシな何かを生み出す力になりたい。結局、自分のスタイルはこれなんだよなという感じですね。

──“花火を見に行こうぜ”というフレーズを、またみんなでシンガロングできるようになったらいいね。

佐々木:そこはもう折り込み済みというか、声を出したりダイブができる日が戻ってきた瞬間に、絶対に感動するのは決定事項なんで(笑)。それが倍増するエッセンスのある曲になってると思うし、いつかみんなで歌えるのを楽しみにしてますね。

◆インタビュー【3】へ
◆インタビュー【1】へ戻る


■挑戦に対してチケットを買ってくれた
■その気持ちには絶対に応える

──そして、ツアーファイナルに向けて7月2日から9日まで、渋谷モディ1Fでポップアップショップ『FIREWORK RECORDS』も展開中です。そこで「花火を見に行こう」のCD/カセットテープや、グッズも販売されるとのことで。

佐々木:とにかく7月8日のLINE CUBE SHIBUYAを盛り上げたいし、ツアーファイナルまでライブが1ヵ月ぐらい空くので、そういうお楽しみがあってもいいんじゃないかと。『伝説の夜を君と』のリリースも去年だし、ポップストアをやると決めたときに“じゃあ、そこで新曲をリリースしよう”と思って。

──ポップアップストアでは他にも、RUDE GALLERYとのコラボTシャツや、ブルースくんクッション、「花火を見に行こう」のジャケットステッカー付きキャンディボックス、メンバーのサイン入りカード4枚付きコーヒーラスクなども販売と。

佐々木:ヤバいですよね(笑)。モディ側からも提案してくれて、普段なら作ってないかもと思うグッズができたし、俺たちは文化祭気分で準備したので、そのノリで見に来てほしいんですよ。まさに花火のようにその時期にしかやらないから。

──佐々木くんオススメの商品は?

佐々木:クッションはかわいかったし、ポップアップストア=レコード屋さんの体裁なのでロゴも作ったりして。そのTシャツもいいと思う。いっぱいあるけど、一番はやっぱりジャケットも自分で描いたCDとカセットテープかな(笑)。自分で曲を作るときもそうなんですけど、ヘタでも何でもいびつなほうがむしろモノに自分が出ると思うんですよ。世界堂(文具・画材・額縁の専門店)をウロウロして、油彩の絵の具をいろいろ試して描いたんで。

──自分たちのお店に来てもらうのは、ライブとはまた違う喜びがありますね。

佐々木:だから、本当に全国どこからでも遊びに来てほしいんですよね。どうせ渋谷まで来るなら、他にも楽しいことがあるよって。ライブの前に遊びに行ってもいいし、一泊できるなら翌日に寄ってくれてもいい。そんな感じで自由に楽しんでもらえたらと思いますね。


──初のホールワンマンとなる会場のLINE CUBE SHIBUYAに、何か思い出はある?

佐々木:LINE CUBE SHIBUYAで覚えてるのはThe Mirrazかな。当時、身近なバンドがホールでワンマンをやったのを初めて見て、すごいジェラシーを感じたのを思い出しますね(笑)。俺らはその頃、SHIBUYA-AXとかでスタンディングのライブしかやったことがなかったから。彼らもホールでやるタイプのバンドじゃなかったけど、そのミスマッチ具合もカッコいいなぁって。

──あれから約10年経って、やっとフラッドもここまで来た。『伝説の夜を君と』を作ったとき、「天井が高い会場が似合うアルバムだし、「北極星のメロディー」とか上を見がちな曲も多いので、見上げた状態で演奏できる感じもいいなと」と言ってましたね。

佐々木:それこそ、俺たちが花火を見る感覚で、みんなのことを見上げた状態でライブができるのはいいですよね。

──ただ、ホールワンマン=キャパ的にも挑戦で。続けることがバンドの目的なら、わざわざ試練を生むチャレンジへのモチベーションは何なんだろうと。

佐々木:続けていく中で俺個人の曲を作り続けたい、バンドを続けたい思いをメンバーやスタッフとシェアしてる部分があるんですけど、やっぱりみんなの気分のアップダウンも当然あるんですよね。そういうとき、これはチームリーダー論みたいになると恥ずかしいんですけど、あまり長期的過ぎず、かつ人生哲学的過ぎない、みんなが日々生きて生活していく中で共有したい目標ってすごい大事だなと思っていて。

──それはもう素晴らしいチームリーダー論です(笑)。

佐々木:だからこそ、たまに目標を設けると燃えると思うんですよ(笑)。前作よりCDを売りたいとか、昨日よりデカい会場でやりたいとか、続けていくことと昨日よりちょっと欲張って背伸びしてみることは、かなり近いことだと思う。それをやらなかったら、“まぁこんなもんか”の連続になっていっちゃう気がするので。それでもし儲かったらみんなで山分け、みたいな(笑)。そんな感じで去年、バンドの機材車も買えたんで。今後の野望としては、シンセとかピアノをバーンと鳴らせるような大きめのガレージでもいいんですけど、スタジオみたいな作業部屋を作りたいなと。

──目の前の小さな目標を見失わない人が=続けられる人。

佐々木:余談ですけどツアーで札幌に行ったとき、KLUB COUNTER ACTIONのバーカウンターで、普通に酒を出してるSLANGのKO(Vo)さんを見てカッコいいなと思ったし、ハードコアの人たちが何で自分の店や会社をやるのか。それは誰かに雇われる立場でいないという強い意思表示=ハードコアな生き方なんじゃないかと改めて思って。世の中の組織とかシステムをうまく利用するとかじゃなくて、自分は自分のシステムを作って生きていく。ビジネス書とかは読みたくないし、俺は俺の哲学で、自分のやり方で、生きていくのは大事だなと思ってますね。その中からメッセージが生まれてくるはずだから。

──いよいよファイナルが近づいてきましたけど、率直に今の心境はどう?

佐々木:その日は今までにやったことがないことをやろうとしていて、その準備を毎日してるんですけど、初日みたいな緊張感があります(笑)。もちろんこのツアーの集大成でもあるので、セットリスト的にはアルバムの曲を一番に、「花火を見に行こう」も絶対にやります。逆に言うと、この4ヵ月間でライブを見てくれた人もいると思うんですけど、そういうスペシャルなことも考えてるから、一回観ていいなと思ったら、マジでもう一回観に来てほしい、とは言っておきたいかな。

──当日は、そこにいるみんなで最高の景色が見られたら。

佐々木:コロナという状況でもツアーをやり続けてきたフラッドとして誇らしいのは、やるのはこっちの勝手なわけで、来てくれたことにすごい感謝してるんですよ。その“ありがとう”のためにライブをしてるわけでもないけど、結成15年を超えたバンドがLINE CUBE SHIBUYAでやるという挑戦に対して、チケットを買ってくれた気持ちには絶対に応える、すごいライブをしようと思ってるんで。とは言え、別にストイックなだけじゃなくて、ポップアップストアみたいなお楽しみも含めてパーティー気分なんで(笑)。まだ迷ってる人、このインタビューで興味を持ってくれた人も気軽に来てもらえば、バンドの、ロックミュージックの面白さを届けられると思うから。

取材・文◎奥“ボウイ”昌史

■ポップアップショップ『FIREWORK RECORDS』

開催期間:2022年7月2日(土)〜7月9日(土)
※時間は渋谷モディ営業時間(11:00〜20:00に準ずる。但し7/8,9は18時30分閉店)
会場:渋谷モディ1階
▼内容
・新曲「花火を見に行こう」を収録した数量限定CD&カセットテープ販売
・RUDE GALLERY x a flood of circle コラボTEE他グッズ多数販売予定
公式ツイッター @FIREWORK‗RECORDS

■CD/カセットテープ「花火を見に行こう」

発売期間:2022年7月2日(土)〜7月9日(土)
※ポップアップショップ『FIREWORK RECORDS』店内数量限定発売
【CD】TEI-255 ¥1,100(税込)
【カセットテープ】AO-004 ¥1,400(税込)
▼収録曲
01. 花火を見に行こう
02. 花火を見に行こう -Acoustic ver-

■ツアーファイナル<a flood of circle「Tour 伝説の夜を君と」>

2022年7月8日(金) 東京 LINE CUBE SHIBUYA
open18:00 / start19:00
▼チケット
前売り:¥5,000 ※全席指定
(問)VINTAGE ROCK 03-3770-6900

■ライブ/イベント情報

<佐々木亮介 夏の自由研究大発表会>
2022年8月10日(水) 新代田FEVER
open18:30 / start19:00
出演:佐々木亮介(ワンマン)
▼チケット
前売り:¥4,400 (+D代) ※全自由
(問)VINTAGE ROCK 03-3770-6900

<a flood of circle presents “下北沢大炎上”>
2022年8月17日(水) 下北沢SHELTER
open18:30 / start19:00
出演:a flood of circle and guest band
▼チケット
前売り:¥4,400 (+D代) ※全自由
(問)VINTAGE ROCK 03-3770-6900

<a flood of circle presents “KINZOKU Bat NIGHT at なんばHatch”>
2022年8月24日(水) 大阪・なんばHatch
open17:45 / start18:30
出演:a flood of circle, 金属バット and 1 band
▼チケット
前売り:¥4,400 (+D代) ※全席指定
(問)清水音泉 06-6357-3666

関連リンク

◆a flood of circle オフィシャルサイト
◆a flood of circle オフィシャルTwitter
◆a flood of circle オフィシャルFacebook
◆a flood of circle オフィシャルInstagram

◆インタビュー【2】へ戻る
◆インタビュー【1】へ戻る

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル