top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『エルヴィス』のファッションから読み解く、現代にも羽ばたき続ける“エルヴィス・プレスリー”という伝説の始まり

MOVIE WALKER PRESS

『エルヴィス』のファッションから読み解く、現代にも羽ばたき続ける“エルヴィス・プレスリー”という伝説の始まり

「Ready to fly, Mr. Presley?(ミスター・プレスリー、世界へ羽ばたく準備はいいかい?)」エルヴィス・プレスリーに才能を見出し、長年マネージメントを務めたトム・パーカー大佐(劇中で演じるのはトム・ハンクス)と、同じくオースティン・バトラーに才能を見出して今作『エルヴィス』で主役に抜擢したバズ・ラーマン監督が、 “エルヴィス”にかけた言葉だ。

実際のところ、エルヴィスはセンセーションとなって羽ばたき、伝説となった。それは、ギネスを含む大記録の数々を打ち立てただけでなく、彼が様々な分野において先駆者であり、現代のアーティストにまで多大な影響を与えているからだ。彼の伝説を語るには、ブラック・ミュージックとホワイト・カントリーの音楽や、黒人分離政策などの歴史的な背景や文化は切り離せないのだが、それは映画で観てもらうことにして、最も重要な影響のひとつは“ファッション”ではないだろうか。本記事では“キング・オブ・ロックンロール”と呼ばれたエルヴィスが、なぜキングであり、伝説となったのかを、ファッションの視点から読み解いていく。

■レディ・ガガやブルーノ・マーズ、エルヴィスが後世のアーティストに与えた影響

「エルヴィスのファッションといえば?」というと、やはりカラフルなジャンプスーツはトップにランクインするのであろう。しかし、エルヴィスのファッションヒストリーを、一張羅のみで語るのはもったいない。劇中でも、ショービズ界の煌めきと恐さがひしめく激動の中で、「本当の自分を表現したい。自分がやっていて納得できることを追い求めたい」と、ミュージシャンとして音楽やダンスを追求するさまが描かれるが、それよりも本作で浮き彫りになるのは、ひとりの人間として葛藤する様子だ。そして成長を遂げ、ブレイクスルーを果たす時には必ず、アイコニックなファッションが同時に誕生するのが印象的でもある。

ジャンプスーツスタイルに代表される「ベガスのディナーショー時代」は、エルヴィスのファッション史でも後期のもので、その期の始まりは、クリスマスシーズンに放映された1968年の「エルヴィス:カンバック・スペシャル」だ。そのころのエルヴィスは、“オワコン”になりかけていて、もちろん自分のキャリアに満足していなかった。それを打ち破るため彼が選んだのは、黒のレザージャンプスーツ。間近にいる観客にまざまざと見せつけるように、体のラインと動きの出るルックだ。単にかっこいいエルヴィスが戻ってきただけでなく、全身黒というルックが、クリスマスカラーの緑と赤をダサくみせるぐらい、最高にクールだったのである。そのカッコよさは、ミック・ジャガーやフレディ・マーキュリーなどのアーティストを経て、たとえば「私は女だけれど、やっていることはロックンロールよ」とインタビューで答えていた、レディ・ガガへ受け継がれた。(「ポーカーフェイス」のPVを参照!)

ステージ衣装や専属スタイリストという言葉が生まれる前から、自らをスタイリングしていたエルヴィスは、貧しい出自を思い出させるという理由で、ブルーデニム(ジーンズ)を履くことは決してなかったという。そしてマネージャーである大佐の予言通り、人気者になったエルヴィスは富を手に入れ、貧しい子ども時代に憧れていた豪華な邸宅や車も所有した。そして、その成功を具現化したようなアクセサリーなどを通して、ファッションに取り入れていった。それが、現代までに幾多のヒップホッパーやラッパーに受け継がれていったBling-Bling(金ぴか)ルックである。ゴールドのチェーンネックレスやメッセージ入りのアクセサリー、ダイヤモンドなどの宝石を大きくあしらったリングなどがその代表で、その創始者であるエルヴィスは、「TCB」(Take Care of Businessの略。お前らはいろいろ言ってくるけど、やることはやってるぜの意味)と表したアクセサリーを好んでいたことが有名だ。

そのBling-Blingや、ひだのあるワイドパンツ、特徴的な襟のシャツなどに代表される、50年代のロカビリー・ファッションをモダンに体現するのが、現代ではブルーノ・マーズだろう。(「アップタウン・ファンク」のPVを参照!)“ファッションは、ステートメント(意思表明)であり、本人の想いや人生を反映させたものが、最も説得力をもって人を魅了する”ということが、改めて感じられる。


■ファッションを自己表現として使った最初のアーティスト

“ロックンロール”は言葉通りRockとRollを合わせたものだが、ファッションにおいてエルヴィスがそのキングと呼ばれるのは、アーティストが自身の表現方法としてファッションを用いた最初の人だからだ。“エルヴィス前”は、アーティストの衣装は単なる衣服であって、それがパフォーマンスの一部ではなかった。いや、正確に言うとそれは白人の観客にとってのことであり、ホワイト・カントリーの歌手はそろってウエスタンルックに身を包み、“男らしい”とされる地味な色味でまとめたものだった。しかしエルヴィスは、自分のアイデンティティを反映させられるステージングを追い求めることで、自分のルーツを思い出すことになる。ブラック・ミュージックやゴスペルは、体の動きや歌に込める情熱などを含め、個性の発揮やファッションもエンターテインメントの一部であるのが当たり前だった。そしてエルヴィスの挑発的なあの動きは、文字通りムーブメントになっていく。

当時のエルヴィスは、別に伝説を作るつもりでファッションを選んでいなかったかもしれないが、少なくとも、「I can’t sing if I can’t dance」と言っており、全身(特に足)が動かせないルックをチョイスすることはなかった。ただ、あの動きはあまりに挑発的であると禁止されたりもして、彼のロックンロールは“反逆者”の象徴になったけれど、それが当時の若者たちには衝撃的だった。物議をかもしただけでなく、あまりにかっこいいので、みんなこぞってマネをした。厳密にいうと、エルヴィスファッション史の中期には、その反抗心を抑えつけた「ミリタリー&ファミリー時代」があったのだが、それも世間(特にオトナ)の風潮や当時の警察が勝手にエルヴィスを危険とみなしただけで、エルヴィスからすれば、ストレートに自分を表現しただけだった。これまでのしきたりやレールにのらずに生きようとしたのだ。しかし未知を恐れる権威のようなシステムからすると、そんなエルヴィスのような前人未到の人間は、危険以外の何者でもなかったのだろう。

そんなふうに、やることなすこと制限される前のエルヴィスファッション史前期(50年代)は、新鮮で斬新なファッションのオンパレードなのだが、この期ではピュアな青年エルヴィスが余すことなく投影されている。グルーミングでは、アイラインをひき、ポマードで固めたリーゼントヘアも特徴的だが、前髪を長めに垂らして“抜け”を加えていた。エルヴィスおよびオースティンの本来のヘアはブロンドに近い明るいブラウンだそうだが、あえて黒く染めており、男性でそのようなことを始めたのもエルヴィスが初だという。

劇中でも、大佐がその恰好を「ガーリー」と表現し、ライブで初めて新人エルヴィスを見た時の客が、「女かよ」と野次を飛ばすことが描かれている。こういったことが後にどれだけのインフルエンスを残すかについて、当時の彼は知るよしもなかっただろう。昨今になって市民権を得たジェンダーフリュイドという概念が議論されるずっと前から、“これまでは女性だけのもの”だったグルーミングや、ファッションにフリルやレース、ピンクを取り入れたことは、エルヴィスの中にあった当然のマインドだったにしても、特筆するにふさわしい。このピンクやレースを好むといったフェミニンな側面は、彼がものすごいママっ子だったことに深く関連している。母親が大好きであるがゆえに、母性や女性性を象徴するようなアイテムを好んで身に着けたのだ。劇中でも成功したアーティストというより、繊細で心優しく、家族の幸せを一番に考えるエルヴィスを照らし出すことに比重が置かれていて、いかに母親が彼にとって特別な存在だったかが見てとれる。

そして大変興味深いことに、フェミニンさを取り入れたことで、エルヴィスはそのセックス・アピールをもってして全米を熱狂させたのであり、とにかく“エロ”かった。その人の性別が男だとか女だとか、性的趣向が異性だとか同性だとか、そういうバイアスや枠組みというのは関係なく、人というのは本来フェミニティとマスキュリンの双方を兼ね備えており、セックス(性差)を超越したところに人としての魅力があるから、彼は本当の伝説となったのである。そのセンシュアルさは、よりアンドロジナスなデイヴィッド・ボウイを経て、現代ではハリー・スタイルズが継承している。

白と黒、リズム&ブルースとカントリー、男と女。人種、ジャンル、カテゴリー。他が定めた垣根を軽やかに超えて羽ばたく者を人は伝説と称える。彼らが残した足跡を拝む時、エルヴィスがいかに特異だったかがわかり、本作『エルヴィス』は、それを伝えることに成功している。

文/八木橋恵

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル