top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

稲垣吾郎×今泉力哉『窓辺にて』新キャスト発表!中村ゆり、玉城ティナ、若葉竜也ら

シネマトゥデイ

『窓辺にて』新キャスト発表 – (C) 1975 Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

 稲垣吾郎が主演を務める今泉力哉監督の新作映画『窓辺にて』(2022年11月公開)に出演する新たなキャストが発表された。

 本作は、『愛がなんだ』『街の上で』などの今泉監督による完全オリジナル作品。フリーライターの市川茂巳(稲垣)は、編集者である妻の紗衣が担当している売れっ子小説家と浮気しているのを知っている。しかし、それを妻には言えず、浮気を知った時に自分の中に芽生えたある感情についても悩んでいた。ある日、とある文学賞の授賞式で出会った高校生作家・久保留亜の受賞作「ラ・フランス」の内容に惹かれた市川は、久保にその小説にはモデルがいるのかと尋ねる。いるのであれば会わせてほしいと……。

 今回、新たにキャストが発表。稲垣ふんする市川の妻・紗衣役で中村ゆり、高校生作家・久保留亜役で玉城ティナ、市川の友人でプロスポーツ選手の有坂正嗣役で若葉竜也、有坂の妻・ゆきの役で志田未来、そして紗衣と浮気している売れっ子小説家・荒川円役で佐々木詩音が出演する。

 また、主題歌をスカートが手掛けることも明らかに。劇伴は、抒情派エレクトロ・ダブ・バンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」の池永正二が担当する。(編集部・大内啓輔)

コメント全文

・中村ゆり(市川紗衣役)
稲垣さんとは、撮影中コミュニケーションを取れるような時間も余りなかったのですが、夫婦役としてお芝居で対峙した時に、物凄く繊細に丁寧にお芝居を受け取ってくださるので、予期せず心揺さぶられている瞬間が何度もありました。映画の中で、ご自身も苦悩する人物でありながら、色んな登場人物の想いを受け止めて寄り添う主人公を本当に魅力的に演じていらっしゃり、私も心が癒される想いでした。
そして、今泉監督の作品は以前から拝見しているのですが、人間に対する洞察力が鋭い上に、登場人物たちの欠落している部分に対しても「大丈夫だよ」と言ってくれているような優しさを作品に感じていました。
今作でも人間の、簡単には表せない心の機微を繊細に描いている素晴らしい脚本に、初見から共感し、感動しました。この映画で今泉作品に参加できた事を本当に嬉しく思っています。

広告の後にも続きます

・玉城ティナ(久保留亜役)
久保留亜、はとても素直でいじらしく子供っぽい部分もありながら、他の人にはできないような事を平気でやってのける、自分をきちんと見据えて生きている子です。
そして稲垣吾郎さん演じる市川茂巳さんは、留亜の輝きと幼さを近くで眺めてくれ、区別をせず言葉を選ばず会話をしてくれるとても大切な大人でした。撮影中は、稲垣さんとのシーンがとても多く、今泉組らしい台詞の多さに圧倒されながら、一日一日をどうにか置いていかれないように必死に過ごしていました。監督と稲垣さんで作り上げられていた世界観に、適切な形で入り込まねば、と固くなっていた時もありましたが、稲垣さんとかわす会話であったり、監督を信じる事で、どうにか留亜としての時間を保つ事ができました。今泉組のオファーを頂いた時は不安もありましたが、今は早く観てもらいたい気持ちでいっぱいです。

・若葉竜也(有坂正嗣役)
撮影中は「こいついいやつだなぁ。」「素直だなぁ」と思いながら演じてたはずなのに……完成版みたらめちゃくちゃクズでした。不思議体験しました。

・志田未来(有坂ゆきの役)
包み込んでくださるような優しさで導いてくださった今泉監督。今作でご一緒させていただけた事をとても嬉しく光栄に思いました。
私が演じさせていただいたゆきのは、妻として母として、何が正しいのかしっかりと区別できる地に足がついた女性です。ゆきのの覚悟や強さが皆様に伝わればと思って演じました。
日常の一部を切り取ったような画を通して、普段、気づくことのできない人間の本質に気づかされる作品になっていると思います。また、その本質に気づいても前に進むことを躊躇してしまうこともありますが、一歩踏み出すことで、また新しい自分に出会えることも作品を通して教えていただきました。

・佐々木詩音(荒川円役)
ある日突然、今泉監督から連絡が来ました。僕の Twitter で昔に投稿した、殴り書きの日記のようなものを見て、連絡を下さりました。「あなたにならこの役が務まるんじゃないかと思っています」と。脚本を読んでみて、自分に荒川円という人間の葛藤を表現出来るか、とても悩みましたが、僕を信頼して声を掛けて下さった今泉監督を信じようと心に決めました。普遍的なようでありながら、誰しもが理解できる感情ではないもの、と同時に誰しもが共感できる感情を、本作品は描いていると思います。是非劇場で楽しんで頂ければ幸いです。

・スカート(主題歌)
作曲のために見させていただいた『窓辺にて』はとても静かな映画なのに、見終わったあとには、のたうち回るようなエネルギーを感じていました。言葉にするのが難しいのですが、ありきたりな感情ではない分、「揺さぶられる」とも違う、「エモい」とも違う、妙な落ち着かなさが心地よかったのです。私は歌の中の登場人物が(喫茶店か、あるいは自分の部屋の)椅子に座り、そこから見えたものや、思ってしまったことを自分なりに処理しようとする曲を書きました。この曲も映画から「窓辺にて」という名前をいただき、内向きであるがゆえに外に向かってしまうエネルギーを持った曲になったと思います。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル