top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「タイコウジ」ってナニ?安藤美姫がさらけ出した「バカ丸出し」発言の顛末

アサ芸プラス

 さながら安藤美姫と太川陽介による「遺恨バトル」の様相だった──。

 6月29日放送の「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦第8弾」(テレビ東京系)のことである。

 安藤にしてみれば、20年11月に放送された第3弾で、太川にかかされた恥を払拭すべく臨んだ戦い。だがまたしても自らの発言で、恥の上塗りをするハメになってしまった。

「打倒・太川」を掲げて河合郁人チームに参戦し、積極的に戦略に口を出した安藤。

「チームリーダーの河合より優れたプランを提案したこともありました。しかし、それを全てブチ壊してしまったのが、自らのバカ丸出し発言だったのです」(放送担当記者)

広告の後にも続きます

 いったいどういうことか。

 青森県五所川原市へと向かうバスの車中でのこと。同市の名所・名物を地図で調べていた安藤は「タイコウジ記念館とか」と発言。番組スタッフは「タイコウジ?」と聞き返す。視聴者も何のことかと、不思議に思ったことだろう。

 安藤が「タイコウジ」と読んだのは「太宰治」。なんと、日本を代表する文豪の名前が読めなかったのである。

 これに河合と筑波大学出身のザ・マミィの林田洋平は、何も言えずに苦笑いするだけ。安藤のマヌケぶりばかりが浮き彫りになり、「もう今の(放送を)やめて下さい。バカ丸出しすぎる」と顔を赤くしたのである。

「太川が放送を見たら、きっと大笑いしたことでしょう。『そんなヤツに負けるか』と。赤っ恥発言以降の安藤は、精彩を欠いたように見えましたね」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル