top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ウインブルドン初出場の宮崎百合子は日本国籍、英国所属。今年3月から特異なキャリアを歩むことになった理由

web Sportiva

 英国ロンドン郊外の町、ウインブルドンで開催中の”ザ・チャンピオンシップ”。世界で最も有名な歴史を持つこのテニストーナメントの女子ダブルス1回戦で、英国人同士のペアと、日米ペアの対戦があった。

 そのうちのひとりは柴原瑛菜。そして、対戦したペアのうちのひとりは、宮崎百合子。

 ツアーレベルでは初対戦となるふたりがネットを挟み対峙するのは、4年前の全米大学リーグ以来のことである。当時の柴原は、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)の切り札。対して、「リリー・ミヤザキ」の登録名の宮崎は、オクラホマ大学でエースの座を張っていた。


ウインブルドンに英国選手として出場した宮崎百合子

 4年前は両者とも大学生で、今は世界最高峰の舞台に立つプロアスリート。

 それら肩書き以外に、もうひとつ変わっていたものがあった。それは、当時アメリカ国籍だった柴原は、今は日本人として国際大会に出ていること。そして、4年前は日本人留学生としてアメリカにいた宮崎は、英国国旗の下でウインブルドンに出場していたことだ。

広告の後にも続きます

 先の全仏オープン混合ダブルスで頂点に立った柴原の名は、すでに広く知られているだろう。ただ、宮崎の名を知る人は相当なテニスファンでも少ないかもしれない。現在のシングルスランキングは204位、ダブルスは228位。大学卒業後にプロ転向し、コロナ禍に足を取られつつも夢の階段を上り続ける、日本生まれで英国育ちの26歳だ。

 父親の仕事の都合で4〜5歳のころにスイスに、続いてロンドンに移った宮崎が、英国籍の下でテニスツアーを転戦するようになったのは、今年3月のことである。今大会のウインブルドンには、単複いずれも”大会主催者推薦”を得ての出場。今や「人生の大半をイギリスで過ごしている」宮崎にとって、英国人としてツアーを転戦するのは、むしろ自然なことだろう。

 ただ、いくつかの岐路で異なる事態が起きていれば、彼女の進む道も異なるものだったかもしれない。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル