top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

坂本花織が振付師を変えて挑む新たな世界。キレ倍増の新SPは「やりきったらカッコいいな」

web Sportiva

次の五輪へ新たな挑戦

 今年2月の北京五輪では、強豪ロシア勢の一角を崩して銅メダルを獲得。そして、その1カ月後の世界選手権では、ロシア勢不在のなかで自他ともに「優勝候補」と認める重圧を乗り越えて初優勝を果たした坂本花織(22歳、シスメックス)。世界女王として次の五輪へ向けて踏み出す2022−2023シーズン、新たな挑戦を始めた。


「ドリーム・オン・アイス」に出演した坂本花織

 そのひとつが過去4シーズン、プログラムの振り付けを担当し、今の坂本を育て上げたと言えるブノワ・リショー氏から一度離れ、新しい振付師を選ぶ決断だった。

「シニアに上がってから5年間、ここまでスケーティングスキルが上がったのもブノワ先生のおかげだったので、今回も頼もうと思いました。でも、五輪の次の1年は、いろんな挑戦がしやすい年でもあるので。そういう気持ちもあったし、中野園子先生にも『ショートもフリーも新しい人に頼もうか』と言われ、そうしました」

 ショートプログラム(SP)は、ジャネット・ジャクソンのメドレー『ロック・ウィズ・ユー/フィード・バック』。ジェイソン・ブラウン(アメリカ)の振り付けを長く担当していたロヒーン・ワード氏が手がけた。そして、フリーの『エラスティック・ハート』は、アイスダンス北京五輪優勝のガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組などを指導し、ネイサン・チェン(アメリカ)の北京五輪優勝時のフリー『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード』の振り付けを担当した、マリー=フランス・デュブレイユ氏だ。

 7月1日、コーセー新横浜スケートセンターで開かれた「ドリーム・オン・アイス」で披露したのは新SP。坂本が「ショートの振り付けは、最初はすごく不安だったけど、途中から楽しくなってきて、これをやりきったらカッコいいなと思うようになりました」と話すプログラムだ。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル