top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

池田エライザさん、「投票に腰重い人」動かす“魔法の言葉”とは?

オトナンサー


池田エライザさん

【動画】「魔法の言葉」について語る池田エライザさん

 7月10日投開票の参院選に向けて、長澤まさみさんや小泉今日子さん、松重豊さん、高良健吾さんら著名人26人が投票を呼び掛ける動画がYouTube上などで公開されていますが、その一人、俳優の池田エライザさんは「投票に腰が重くなっている人に言う『魔法の言葉』みたいなものがある」と語っています。

「投票行かなきゃって思う理由は?」と問い掛け

 動画は「VOICE PROJECT 投票はあなたの声」。俳優13人がリレー形式で語る「俳優版」と、作家、歌舞伎役者、歌手、ラッパーなど多彩な13人がリレー形式で思いを述べる「文化人版」という2パターン(各約5分半)の映像に加え、一人一人がそれぞれ約1分、単独で語るソロムービーが公開されています。

 池田さんはソロムービーの中で、「投票に腰が重くなっている人に言う『魔法の言葉』みたいなものがある」として、まず、「投票に行かない理由を、自分の心の中であげてみ?」と問い掛け、「面倒くさい」「分かんない」などと答えた相手に対して、「じゃあ逆に『投票行かなきゃ』って思う理由は?」と問い掛けると、「すごくポジティブな自分の未来の話だったり、自分が願うことであったり」が出てくると説明。そのタイミングで、「じゃあ行こうよ。だったら行くしかないじゃん」と投票を呼び掛けると語ります。

広告の後にも続きます

 リレー形式の動画の中では、「若者は(選挙に)関心がないって言われてるけど、関心がある若者も実はたくさんいる」「私が行った投票所には、すごいいけてるカップルとか、すごいおしゃれな若者たちが来ていて、私は、それがすごくかっこいいなって、誇らしいなって思った」と、自身の体験も述べています。

 動画を制作した「VOICE PROJECT」は、「市民による自主制作プロジェクト」として、映像作家の関根光才(こうさい)さんと、ともに映像プロデューサーの菅原直太さん、大越毅彦さんの3人が発起人となって企画。2021年10月の衆院選の際、小栗旬さんや菅田将暉さんら14人の著名人が投票を呼び掛ける動画を制作・公開したことに続くもので、今回は、前回とは違う26人が新たに出演。「VOICE PROJECT」のホームページなどで公開しています。

※今回の動画出演者は次の通り(敬称略、五十音順)
【俳優版】
池田エライザ、池松壮亮、伊藤英明、賀来賢人、北村匠海、高良健吾、鈴木福、長澤まさみ、夏木マリ、松重豊、松本まりか、ムロツヨシ、MEGUMI

【文化人版】
綾小路翔、井上咲楽、Awich、小泉今日子、Chara、塚本晋也、中村壱太郎、浜野謙太、般若、 松尾スズキ、ゆうこす、Licaxxx、ryuchell

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル