top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

レア・セドゥ主演 愛に翻弄され愛に迷う男女描く 「ストーリー・オブ・マイ・ワイフ」予告

映画スクエア

 8月12日より劇場公開される、レア・セドゥ主演最新映画「ストーリー・オブ・マイ・ワイフ」の予告編が公開された。

 公開された予告編は、長く船長を勤めていたヤコブ(ハイス•ナバー)が、友人と入ったマルタ共和国のカフェで、「最初に入ってきた女性と結婚する」と賭けをする場面から始まる。カフェに入ってきたリジ―(レア•セドゥ)を見初めたヤコブは、「私の妻に」とプロポーズする。リジーは、たばこを片手に「ヒドい男ね」と小悪魔的な表情で言い放ち、「で、式はいつにする?」とプロポーズを承諾する。

 結婚した後も、船海のために家を空けるヤコブ。リジーはそんなヤコブに「心配しないで、消えたりしないわ」とほほ笑む。ヤコブが長い航海を終えて家に戻ると、2人は激しく求め合う。そんな幸せな生活を送っていた2人だが、ヤコブは友人のデダン(ルイ•ガレル)とリジーの仲を怪しむようになる。ヤコブは「陸の仕事を探すよ」と決意するが、すでにデダンへの嫉妬でリジーからの愛を疑い始めたヤコブは、リジーへ冷たくあたるようになる。「人生を変えたいと思ったが、終わりだ」と言うヤコブに、リジーは「変わったのはあなたよ。愛していないと思った?」と切ない表情で詰め寄る。

 「ストーリー・オブ・マイ・ワイフ」は、1920年代のマルタ共和国のカフェで、船長のヤコブが友人と、「最初に入ってきた女性と結婚する」と賭けをしたことから始まるラブロマンス。カフェに入ってきた美しき女性リジ―に、初対面のヤコブは結婚を申し込む。その週末に二人だけの結婚の儀式を行い、幸せなひと時を過ごしていたが、リジ―の友人デダンの登場により、ヤコブは二人の仲を怪しみ嫉妬を覚えるようになる。リジ―を演じるのはレア・セドゥ。デダン役をルイ・ガレルが務める。監督は、ハンガリーのイルディゴー・エニェディ。

【作品情報】
ストーリー・オブ・マイ・ワイフ
2022年8月12日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、ユーロスペースほか全国公開
配給:彩プロ
(C)2021 Inforg-M&M Film – Komplizen Film – Palosanto Films – Pyramide Productions – RAI Cinema – ARTE France Cinéma – WDR/Arte

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル