top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鈴木亮平と宮沢氷魚が描き出す愛 この愛のかたちは自己満足なのか 「エゴイスト」公開決定

映画スクエア

 エッセイスト・高山真の自伝的小説「エゴイスト」の映画化が決定し、鈴木亮平と宮沢氷魚が出演することが明らかになった。ソファに横たわる龍太(宮沢氷魚)を優しく見つめる浩輔(鈴木亮平)を捉えた場面写真も公開された。

 「エゴイスト」の主人公は、まるで自分を守る鎧(よろい)のようにハイブランドの服に身を包み、気ままながらもどこか虚勢を張って生きている浩輔。自分の美しさに無頓着でけなげな龍太と出会った浩輔は、鎧を脱ぎ捨て、誰かを心から愛する喜びを知っていく。しかし、やがて大切な人との関係を断たれたとき、浩輔はこの愛のかたちは自己満足なのではないか、彼らを追い詰めていたのではないかと、自問自答を始めることになる。

 監督を務めるのは、「トイレのピエタ」「ハナレイ・ベイ」などの松永大司。狗飼恭子と共同で脚本も担当した。脚本執筆の際には入念なリサーチを行い、主人公・浩輔のライフスタイルの細部までリアルに描写。トランスジェンダーの友人を撮影したドキュメンタリー「ピュ~ぴる」をかつて手掛けた松永監督は、登場人物たちの心情に寄り添うドキュメンタリータッチの映像で、親密な時間の温度感や愛するがゆえに生まれる葛藤を繊細に描く。

 鈴木亮平、宮沢氷魚、松永大司監督のコメントも発表された。コメントは以下の通り。

■鈴木亮平
 
「愛はエゴか、エゴが愛か」 これは私が昔から考え続けてきたテーマでした。
原作小説を初めて読んだ時、著者も同じテーマに向き合ってきた方なのではないかと感じました。
この映画が静かに、皆様の心の深い場所へ届きますように。

広告の後にも続きます

■宮沢氷魚
「エゴイスト」という作品に出会い、僕は人間の本質、原点とはなんなのかを考えさせられました。
愛とは一体なんなのか。無条件の愛など存在するのか。たくさん悩み、苦しみ、でも希望の光を目指してこの作品に挑みました。
二人の人間の愛情と生き様をまるでドキュメンタリーのように描いた作品が完成しました。
一人でも多くの人にこの作品が届くことを心より願っています。

■松永大司監督
自身の監督デビュー作品である、友人を長年撮影したドキュメンタリー映画「ピュ~ぴる」がジェンダーをテーマにしていた自分にとって、著者である高山真さんの想いが込められた原作を読んだ際、とても心動かされるものがありました。そしてその原作を鈴木亮平、宮沢氷魚らの人間味溢れる俳優たちと共に、力強い映画として完成させることができました。この作品がささやかでも誰かの生きる力になることを願います。

【作品情報】
エゴイスト
2023年公開
配給:東京テアトル
© 2023 高山真・小学館/「エゴイスト」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル