top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高齢ドライバーが歩道を暴走 衝撃の光景に“2度”びっくり「歩道走行はよくある」目撃者が驚きの証言

ABEMA TIMES

 早朝の国道でドライバーが目撃した我が目を疑う驚きの光景。しかし、目撃者の証言によると、さらなる驚きの事実が隠されていた。

【映像】我が物顔で歩道を走行する高齢ドライバー

 一台の軽トラックとすれ違った次の瞬間、後続の軽自動車が走ってきたのは車道ではなく、歩道。すれ違った後も止まる様子はなく、走り去っていった。

 衝撃の光景を目撃したドライバーに話を聞くと「(乗車は)高齢者ひとり。多分10㎞くらいで走行していた」とのこと。

 高齢ドライバーということは、車道と勘違いしての行動だったのか。そのことについて目撃した男性は「勘違いではないね、あれ。田んぼに出かけるときに歩道走行(を見かけること)はよくある。危険やね」と続けた。

広告の後にも続きます

 ドライブレコーダーの映像では、軽自動車が走っている歩道と反対側の歩道には自転車の姿も。問題の歩道の幅は2メートルあるというが、目撃された時間帯は散歩する歩行者も多く、非常に危険なのだという。(ABEMA『ABEMA的ニュースショー』) 

TOPICS

ジャンル