top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ブラック・フォン』や「ムーンナイト」のキャラも強烈!演技派イーサン・ホークが見せてきた“狂気”に迫る

MOVIE WALKER PRESS

『ブラック・フォン』や「ムーンナイト」のキャラも強烈!演技派イーサン・ホークが見せてきた“狂気”に迫る

死者とつながる電話をめぐるサイキック・スリラー『ブラック・フォン』(公開中)でのサイコパスな誘拐犯や、多重人格ヒーローを描いたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズ「ムーンナイト」のヴィラン役で強烈な個性を放ったイーサン・ホーク。10代半ばに冒険SF『エクスプロラーズ』(85)で主演デビューを飾ったホークは、すでに35年以上のキャリアを持っている。澄んだ瞳と端整な顔立ちが魅力ながら、誠実ないち市民からちょい悪オヤジ、冷徹な犯罪者まで幅広い役をこなす演技派だ。悪を演じた数こそ多くはないが狂気をにじませた複雑なキャラクター像は十八番である。そんな彼の狂気が垣間見える作品をピックアップしてみたい。

■正義感あふれる新人刑事の道徳観が試される『トレーニング デイ』

デンゼル・ワシントン主演、アントワーン・フークア監督の『トレーニング デイ』(01)は、ホークの代表作の一つ。本作で演じたジェイクは、自ら志願し麻薬捜査課に配属された正義感の強い新人刑事だ。目的のためには違法行為もお構いなしの悪徳警官アロンゾ(ワシントン)とコンビを組んだことから、“正義”とはなにかを自問することになる。勤務初日の希望にあふれた姿からついに一線を越えるところまで、揺れるジェイクの心情を激しくも繊細に表現したホークは絶賛され、第74回アカデミー賞の助演男優賞にノミネートされた(ワシントンは主演男優賞を受賞)。

ホークはその後もフークア監督の2本の映画に出演し、『クロッシング』(08)では敬虔なクリスチャンでありながら金のために殺人まで犯す悪徳警官、『マグニフィセント・セブン』(16)ではPTSDに苦しむ元南軍のスゴ腕スナイパーと、どちらも壊れた男を演じて存在感を発揮した。

■一家殺人事件の真相にノンフィクション作家が迫る…『フッテージ』

『フッテージ』(12)は『ブラック・フォン』のスコット・デリクソン監督と組んだオカルトホラー。一家惨殺事件を追うノンフィクション作家エリソン(ホーク)が、事件の真相を追うなかで邪悪な“なにか”に憑かれてしまう。オカルトとサイコスリラーの要素を掛け合わせた本作で、ホークは猟奇殺人だけでなく自身の心の闇にもはまり、どんどん病んでいくエリソンを怪演。衝撃のバッドエンドを含め、ホークの役への憑依ぶりが堪能できる一本だ。

■職務に忠実な刑事が町にはびこる闇に引き込まれていく『リグレッション』

エマ・ワトソンが父親からの暴力を告発する少女を演じた実話ベースのスリラー『リグレッション』(15)で、ホークが演じたのは事件担当の刑事ケナー。被害者アンジェラ(ワトソン)の証言を基に捜査を始めた彼は、やがて町にはびこる悪魔崇拝のコミュニティにたどり着く。アンジェラを救うため、がむしゃらに捜査に打ち込むケナーは、いつしか周囲から孤立し現実と虚構の狭間に迷い込む…という、『フッテージ』のエリソンにも通じる趣だ。憑かれたように突っ走る中盤までの怖さはもちろん、終盤の慈しみあふれる演技にも注目してほしい。

■環境破壊への憂慮が一人の牧師を凶行へと駆り立てる『魂のゆくえ』

イーサン・ホークが心に傷を抱えた牧師を演じたポール・シュレイダー監督作『魂のゆくえ』(17)は、彼の近年の代表作と言える一本。小さな教会をやりくりする牧師トラーは、中絶をめぐり対立したある夫婦との出会いを通して、神への信仰に疑問を抱き始める。環境破壊、イラク戦争での息子の死、自身の病…と様々な出来事に直面し、少しずつ変化していくトラーの精神状態。物静かで思慮深かった牧師がやがてテロ行為へと走ってしまう展開は、シュレイダーの脚本家時代の代表作『タクシードライバー』(76)を思わせる。ふとした仕草や表情の変化で迷えるトラー役を演じたホークは、本作で全米批評家協会賞主演男優賞ほか多くの賞に輝いた。

■天才発明家の孤独を描く実験的(?)な伝記作品『テスラ エジソンが恐れた天才』

発明王トーマス・エジソンのライバルで、交流電流を推進したニコラ・テスラ。ホークがこの天才発明家を演じたのが『テスラ エジソンが恐れた天才』(20)だ。ホークはセンターでビシッと分けた独特の髪型に口髭をたくわえたクセ強めなビジュアルで登場し、エジソンとの“電流戦争”に勝利したものの、天才がゆえに周囲からの理解が得られず孤独を深めていくテスラを静かに好演している。開発欲にあふれた青年時代から枯れた晩年まで演じ分け、終盤にはティアーズ・フォー・フィアーズの名曲「ルール・ザ・ワールド」を歌いだす驚きの実験的なシーンも!ホークの渋い歌声を聞くことができるなど、ある意味で彼のファン向けの映画と言えるかも?


■悪を断罪するカルト教団の指導者役がヤバい!「ムーンナイト」

そんなホークがMCUに初参戦したのが「ムーンナイト」で、白いスーツとマントを纏ったヒーローに変身する多重人格の青年(オスカー・アイザック)の前に立ちはだかる、カルト教団の指導者アーサー・ハロウ役で登場する。ハロウは人の善悪を見極めることができ、悪人を断罪していくのだが、未来で悪事を働く可能性のある者まで殺害するなど、行き過ぎた正義を執行するかなりヤバい人物。バトルシーンのような派手な見せ場はないが、緩やかな立ち居振る舞いや慈悲深くも鋭い眼、諭すような口調で多くの賛同者を集めるカリスマ的な要素も兼ね備えている。最終回となる第6話では意外な姿で登場するので、そちらも楽しみにしてほしい。

■不気味なマスクで素顔を隠し、予測不能な行動で観る者に恐怖をもたらす『ブラック・フォン』

ホーク出演の最新作『ブラック・フォン』は、1970~80年代アメリカを震撼させた児童誘拐殺人事件をモチーフに、謎の誘拐犯に監禁された少年の決死の脱出劇を描いたスリラー。ホークが演じたのは、不気味なマスクで素顔を隠したサイコな連続誘拐犯グラバーである。劇中でまともに素顔を見せることはなく、マスク越しの独特のセリフ回しや突然キレる予測不能な行動で作品に緊張感を与えている。一方で、上半身裸でイスに腰掛け、腕組みをしたまま仁王像のように少年を見張るが、ついウトウトしてしまうなどコミカルな場面も。この誘拐犯の詳細なバックグランドが明かされることはないが、そのことが不気味さに拍車をかけており、ホーク自身も底知れない奥行きを感じさせるキャラクターに仕立て上げている。

ほかにもあらゆる犯罪が合法となる晩に家族のために戦うエリートを演じた『パージ』(13)、蘇生術で生き返った殺し屋が大暴れする『リミット・オブ・アサシン』(17)、人質と不思議な連帯感で結ばれる不器用な悪党を独特のテンションで演じた『ストックホルム・ケース』(18)でもぶち切れ演技を披露したホーク。唯一無二の演技派が見せる狂気に満ちたキャラクターの登場を今後も楽しみにしたい。

文/神武団四郎

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル