top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小林幸子、網膜剥離で失明危機だった「真っ黒なんです全部」恐怖の状況を告白!

COCONUTS

7月3日、歌手の小林幸子さんのYouTubeチャンネル「小林幸子はYouTuBBA!!」では、網膜剥離の手術を受けたことについて語る動画を公開。病気の恐ろしさと早期発見の大切さを語り注目を集めています。

(画像:時事通信フォト)

■小林幸子、失明の危機にあったことを告白「何かがあったらすぐに調べる、病院に行くということ」視聴者に呼びかけ

数年前のある日、右目に小さな黒い点がくるくる回るような症状が現れた小林さん。気になったため病院に行くと、医師から「今から手術しましょう」「網膜剥離です」と告げられたそう。

しかし、当日も翌日も仕事があり、一週間後には生放送も控えていた小林さん。手術はそれらが終わってからでもいいか尋ねると、医師は「間に合うかな…」と少し考え込んだ後「これ、放っておくと失明するよ」と告げたのだとか。

広告の後にも続きます

そこで、とりあえず当日と翌日の仕事については許可をもらった小林さん。もっとも、右目に「水平線から朝日が昇っている、または夕日が沈む」というような現象があればすぐ病院へ行くよう言われたそう。

すると「翌日、朝日が昇りました」と、医師に言われた症状が現れたという小林さん。病院へ行くと、即、手術を行うことになったと言います。

■小林幸子、網膜剥離で失明危機だった「真っ黒なんです全部」恐怖の状況を告白!

手術は無事に成功。その後、小林さんは痛みに耐えながらも何とか舞台やテレビの仕事をこなしていきます。

手術から2カ月後のある日、買い物に行くために車で出かけた時のこと。信号で止まった時、手術した右目だけで景色を見てみたいと思い立ち、左目をつぶって右目だけで景色を見てみたそう。

「そしたらね、色がないの」と小林さん。「真っ黒なんです全部」と、手術した右目だけで見た景色は白黒だったと言います。特に、信号機やテールランプの赤は真っ黒にしか見えなかったと振り返りました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル