top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

子どもたちの「ためいき」を描いた児童書が、読書感想文の課題図書に

BOOKウォッチ

みんなのためいき図鑑(童心社)<amazonで購入>

 もうすぐ夏休み、夏休みといえば読書感想文。お子さんにどんな本を勧めようかお悩みのお母さんも多いことだろう。

 今年の「青少年読書感想文全国コンクール」課題図書(小学校中学年の部)の一冊に、『みんなのためいき図鑑』(童心社)が選ばれている。タイトルの通り「ためいき」というなかなかなかったテーマの児童書だが、本作はいったいどのようにして生まれたのだろうか。

 著者の村上しいこさんは、コロナ禍のなか学童保育で出会った子どもたちが本作を書くきっかけだったと語る。


〈あらすじ〉

 小学四年生のたのちんたちは、授業参観のために班ごとにオリジナル図鑑を作ることになった。たのちんの班が作るのは「ためいき図鑑」。人はどんなときにためいきをつくのかを調べて発表するのだ。

広告の後にも続きます

 班のひとり、加世堂さんは、いつも保健室登校で教室にはめったに来てくれない。加世堂さんもいっしょに図鑑を作れないかと、たのちんはある提案をするのだが、班のほかのメンバーともめてしまって……もうためいきばっかり。どうしてこんなに、ためいきをつきたくなることがたくさんあるんだろう。

村上しいこさん

ためいきをついている子どもたち

 著者の村上さんは、コロナ禍のなか「放課後児童クラブ」(学童保育)へ見学に行った。そこで村上さんはためいきをついている子を見て、「あれっ?」と思ったという。「子どもたちは元気なもの」という固定観念があったからだ。

 ためいきの理由を聞くと、まず出てきたのは「宿題が多すぎる」という声だった。当時はコロナ初期でプリント学習が中心になっていた時期。「まだ習ってないのに宿題に出された」「オンライン授業だと、先生に質問しても無視される」といった不満を子どもたちは話した。

 ほかにも、「体操クラブでできたまめがつぶれて、行きたくないのに今日も練習がある」「田舎のおばあちゃんに会えない」「東京にいるお父さんが戻ってこられなくて、もう半年も会っていない」などなど、さまざまなためいきの理由が。

 「僕が誰かを叩くと怒られるのに、どうしてお母さんは僕を叩いてもいいの?」「私たちはなんにもできないのに、どうしておとなはオリンピックをするの?」といった、本質を突くような言葉も。コロナ禍の不自由さを嘆く子どもたちに、村上さんが「そうだよね。みんなどこにも行けないもんね」と言うと、「違う! おとなが飲みに行って感染してる。僕らはどこにも行ってない」と鋭く言い返された。

「小3の女の子が、『子どもには、なんの力もないのに、おとなは何もしてくれない!』と、怒鳴るように言った言葉が忘れられませんでした。」

 近年、SDGsなど社会的なテーマを含んだ児童書が増えているが、「それって本当に良かったのかな」と村上さんは考えたという。「さあ子どもたちよ、考えてくれ!」と上から教え諭すのではなく、もっと子どもたちの日常に寄り添う物語を。そんな思いで、本作が誕生した。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル