top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

長澤まさみさんら著名人26人が「私も投票します!」 発起人の思いを聞く

オトナンサー


「VOICE PROJECT 投票はあなたの声」2022年版(VOICE PROJECT提供)

【動画】長澤まさみさん、池田エライザさん、北村匠海さんら26人が呼び掛ける「VOICE PROJECT 投票はあなたの声」

 7月10日投開票の参院選を前に、俳優の長澤まさみさんや池田エライザさんら著名人26人が、主に若い世代へ投票を呼び掛ける動画が、YouTube上などで公開されています。「VOICE PROJECT 投票はあなたの声」と題した動画で、「俳優版」と「文化人版」の2パターン、それぞれ約5分半の映像に加え、一人ずつ語るソロムービーもあります。

 制作した「VOICE PROJECT」は、「市民による自主制作プロジェクト」として、映像作家の関根光才(こうさい)さんと、ともに映像プロデューサーの菅原直太さん、大越毅彦さんの3人が発起人となって企画。2021年衆院選の際、小栗旬さんら14人の著名人が投票を呼び掛ける動画を制作・公開したことに続くもので、今回は、前回とは違う26人が新たに出演しました。

 関根さんに制作のきっかけや思いを聞きました。

「自分で考えたい、学びたい」きっかけづくり

広告の後にも続きます

Q.昨年10月の衆院選時に続く企画ですが、参院選でも取り組もうと思った理由を聞かせてください。

関根さん「昨年は、何のパブ(パブリシティー=広報)も打たず、ゲリラ的にひっそりとYouTubeに動画をアップしましたが、結果的に大きな反響を頂くことができました。ただし、実際に投票率が大きく上がったかというと、そうでもありません(18、19歳の投票率はかなり上がりましたが)。

私たちの活動は、投票に行ってもらいたいと願ってはいるものの、投票率を上げることが最終目的ではなく、投票に行くまでのプロセスを大事にしていて、そのきっかけづくりをしたいと思っています。

投票に行くことで、自分で考えたり、政治を意識し始めたりする部分があると思います。一度それを意識したら、それは非常に重要な『種まき』になると思っています。こういったことには時間がかかります。

一度キャンペーンをやって、それで投票率が上がらなかったから諦める、という打ち上げ花火のようなものではなく、時間をかけて、ゆっくりと醸成しなければいけないもの、人々が普通に投票へ行ったり、政治や自分の気持ち、考えについて対話できたりする社会になるまでの、土台づくりのようなものと考えています。

そこで、今年(の参院選)は、その社会と向き合う気持ちが広がっていく感覚を『カタチ』にしたいと思っていました。自然と、より多くの人(出演者)にお声掛けしたり、ウェブサイトも作ったりと、活動自体を拡大していくことになりました」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル