top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『鎌倉殿の13人』後継者争いで北条家に亀裂 ネット騒然「一気に地獄展開」

クランクイン!

『鎌倉殿の13人』後継者争いで北条家に亀裂 ネット騒然「一気に地獄展開」

 小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第26回「悲しむ前に」が3日に放送され、頼朝(大泉洋)の後継者争いで北条家にも亀裂が。家族同士の対立にネット上には「ドロドロ…」「一気に地獄展開」などの反響が巻き起こった。

 落馬した頼朝の意識が回復しない一方で、義時(小栗旬)は先を見据えて頼朝の嫡男・頼家(金子大地)を次の鎌倉殿とする新体制作りを始める。

 しかし、頼家の後見人でもある比企能員(佐藤二朗)の力が増すことを嫌うりく(宮沢りえ)は、夫・北条時政(坂東彌十郎)をたきつけてこの流れに対抗。時政は娘の実衣(宮澤エマ)の夫で頼朝の異母弟でもある阿野全成(新納慎也)を次の鎌倉殿候補に担ぎ上げる。

 父・時政の暴走を知った義時は「それは父上のお考えですか?」と牽制。一方、妹の実衣から全成が鎌倉殿となる決意を固めたことや自分も鎌倉殿の妻・御台所になる覚悟を決めたことを伝えられた政子(小池栄子)は「あなたに御台所が務まるものですか!」と言い放つ。

 程なくして頼朝は死去。政子は頼朝の妻として、息子・頼家を鎌倉殿に指名。了承した頼家は、二代鎌倉殿として御家人たちの前で頼朝の急死を乗り越えると宣言する。

 納得のいかない時政は、義時と政子に対して「裏切りやがったな!」と詰め寄って怒りをあらわに。義時は「鎌倉あっての北条。鎌倉が栄えてこそ北条も栄えるのです」といさめると、時政は「意味がわかんねぇ!」と吐き捨てる。さらに実衣は政子に対して「姉上は私が御台所になるのがお嫌だったのでしょ?」と突き放すように悪態をつくのだった。

 頼朝の後継者争いで北条家に亀裂が入るという展開に、ネット上には「北条が分裂しちゃってるー!いやー!!」「実の家族同士でドロドロ…」「一気に地獄展開」といった声が続出。さらに「時政パパがダークサイドに…」「実衣ちゃん闇堕ち…?地味にツライ」「先週までは仲良しファミリーだったのに」などのコメントも集まっていた。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル