top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「参院選で落選運動の仕方を知りたい」

アサ芸プラス

 参院選が始まりましたが、日本では候補者に対する「落選運動」が認められています。例えば、経済制裁の一方で、ロシアへの経済協力金21億円が22年度予算案に含まれていることが、3月の参院予算委員会で判明。野党が猛反発するも、岸田総理は「修正はできない」と。こんな案に賛成する議員や、疑惑をうやむやにしたまま逃げ切るなど問題を抱える人物を選挙で落とすには、どんな決まりや注意点がありますか。

 折しも、参議院議員選挙戦線の真っ只中。落選運動に駆り立てられる気持ち、非常によくわかります。本当、議員の不祥事が続き、なんでこんなヤツが議員になることができるのだろうか、と不思議ですよね。

 不思議なくらいならまだしも、腹が立ってしかたないことも。

広告の後にも続きます

「だったらその候補者には投票しないけれど、マイナス票を入れられないのか」

 そんな減点制度があるといいなぁという声も、何度か耳にしたことがあります。

 残念ながら、現在の選挙制度はそのような仕組みになっておりません。支持政党がある人からすると、他党の候補がおかしな人だとムカつくのは当たり前ですし、また、不祥事を起こした人が歳費をもらい続けていることには、納得がいきませんよね。しかも、国会議員には高額な歳費が支給されているので、怒り倍増です。

 今回の参院選、私は東京選挙区で投票することになります。正直な話、なぜこの人が議員を続けているのか、できることなら落としたい、と感じてしまう人もおります(すみません)。

 マイナス票を投じるのが無理という話は先ほどした通りですが、落選運動に最も近い形での行動をとるとしたら、次の2つの方法があります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル