top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

先週のアクセスランキング!1位は、ニューヨークが美女と密会デートする現場を激写! 彼女に見せる男っぽい表情とは!?

東京カレンダー

先週のアクセスランキング!1位は、ニューヨークが美女と密会デートする現場を激写! 彼女に見せる男っぽい表情とは!?

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“ニューヨークが美女と密会デートする現場を激写”に“夫がハマッた夜の女の素性”から““家デート”ばかりだけど、求められると安心していた28歳女”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
ニューヨークが美女と密会デートする現場を激写! 彼女に見せる男っぽい表情とは!?

都内某日。われわれ東京カレンダーは、ある人気芸人の密会デート現場をキャッチ。

その人気芸人とは…ニューヨークのおふたり。

ある一夜、美女をエスコートする様子をたっぷりと激写した!

続きはこちら


★第2位
年収1,000万・製薬会社勤務の28歳女。決意して結婚相談所に入会するが、相談員の男に思わず…?

額な年収を誇りながらも、特にお金のかかる趣味を持たず無駄遣いもしない亜紀は、すでに貯蓄もそれなりに築いていた。

製薬会社での新薬研究の仕事は、時に多忙を極めることもあり決して楽とは言えない。

だが、仕事を通じて世の中に確実に役に立つことができ、自分の能力を存分に生かすこともできていて、とても充実したキャリアを築いていると自負している。

しかし、その一方で…亜紀のプライベートは悩みだらけだった。

続きはこちら


★第3位
美人じゃない“夜の女”に、夫がハマッた…。35歳妻が探偵をつけて女の素性を調べると驚きの事実が…

ワカバは、凹凸の少ないのっぺりとした薄い顔をしていて、どこか田舎臭さを感じさせた。どうにも腑に落ちない。

裕介が結婚前に交際していた女性を何人か知っているが、誰もが皆、目鼻立ちの整った、キリッとした美人だった。それ故、ワカバのようなタイプに入れ上げるとは到底思えなかったのだ。

― なんでこんな女に…。

自分がこのレベルの女性に負けたことが悔しく、とても腹が立つ。同時に、もしかしたら写真では伝わらない魅力を秘めているのかもしれない、という思いに駆られ、会って確かめてみたくなった。

続きはこちら


★第4位
同棲中の彼に、突然「別れたい」と言われた女。前に進むため彼の荷物をまとめようとしていたら…

「ごめん。俺、諦められないんだ」
「なにが」
「彼女のこと。この前、突然フラれた…。でも俺、それでも大好きなんだ」

開き直って「大好き」と公言する賢也に、柚は無言で目を見開く。

「だからこれ以上柚にすがりつかれても、俺はもうなにも感じない。…ただ、あの人に会いたいなーって思うだけだ」
「…なによ、それ」
「俺、今から気持ちを伝えにいこうと思う。あの人に、もう一回だけ」

続きはこちら


★第5位
“家デート”ばかりだけど、求められると安心していた28歳女。でも、男の本音を知り…

私の父は、地元の富山でも有名な資産家で、母は美人ピアニストとしてテレビなどにも出演していたような人。そのため、幼いころから、羨望や嫉妬の混じった視線を常に感じて生きてきた。

そして私は今、業界最大手のイベント制作会社で広報部の副部長をしている。だから、この年齢にしては、お給料をもらっているほうだと思う。

彼氏は、同期の営業部のエース、達也だ。彼からの猛アプローチを受けて、2年前から付き合っている。

でも、私はみんなが思ってるほど“恵まれた人生”ではない。

続きはこちら


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル