top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京城南ボーイズvs東京新宮シニア

高校野球ドットコム

東京城南ボーイズがジャイアンツ杯出場へ王手!エース佐藤が5回2失点と試合作る

東京城南ボーイズ 佐藤龍月投手

<ジャイアンツカップ予選:東京城南ボーイズ 3 – 2 東京新宮シニア>◇3日◇準々決勝◇東練馬シニアグラウンド

 7月3日、第16回ジャイアンツカップ東京予選が東練馬シニアボーイズグラウンドにて、2試合行われた。東京城南ボーイズと東京神宮シニアが対戦した第2試合はシーソーゲームの展開の末、東京城南ボーイズが3対2で勝利した。

 試合が動いたのは2回。1死で6番佐伯 幸大が逆方向にソロ本塁打を放ち、東京城南ボーイズが先制した。しかし4回表、東京神宮シニアは1死から4番大石 健斗がフェンス直撃の二塁打を放つと、続く5番井原 政樹が中越え2点本塁打を放ち逆転する。
 直後の4回裏、1死から、安打と相手のエラーでチャンスを作った東京城南ボーイズは8番黒沢が送りバントを決めて、2死二、三塁の状況を作ると、9番鈴木 英雄が右前に安打を放ち同点にする。この流れに乗った1番小林 響葵が左前に安打を放ち逆転のランナーがホームを踏んだ。

 投げては先発の佐藤 龍月が5回を本塁打の2点に抑えると、6回から竹中 秀明に交代し、2回を無失点に抑えて3対2で東京城南ボーイズが勝利した。

 試合後、逆転のタイムリーを放った小林は、「横手投げでシュート回転しているピッチャーの球を監督の指示通り、腰を回して前で打つことができました」と声を弾ませた。一時、逆転を許した場面では、「チームが落ちこんでいたので、ムードメーカーとして声を出すことを意識した」と声とバットでチームの雰囲気を変え、勝利へと導いた。

広告の後にも続きます

 一方、敗れた東京神宮シニアの4番大石は「チーム全体で送りバントなどの日々できていることができなかった」と振り返り、「相手は有名なチームだったが同じ中学生なので差はなかった」と悔しさを滲ませていた。

 勝った東京城南ボーイズは7月10日の準決勝で勝利するとジャイアンツカップの本選の出場権を獲得する。負けた場合は7月17日の3位決定戦に挑むこととなる。近年はコロナ禍ということもあり、中止になった大会だけに出場できなかった先輩たちの分も勝ち抜くことに期待したい。

(記事=編集部)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル