top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

元カレを名乗る人物からのメール…差出人を確かめるために送った内容とは

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、高生椰子氏の小説『終恋 —SHUREN—』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】【小説】「死ぬ死ぬ詐欺」に騙されて私がバツ2になったワケ

胸騒ぎ

「近いうちに食事でも行きましょう。都合の良い日を教えてください。」

食事か。夜は何となく危険かもしれない。

昼間にしようか、アルコールはやめておこう。

広告の後にも続きます

どこへ行く?

何を着ていく?

ヘアサロンの予約をしようか、

いやいや、無駄なお金を使っても……。

いや、きっぱり断ろう。

何十年かぶりに会って、お互いの現実を見て嫌な気持ちになるより、今のままなら思い出を大切にしまっておける。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル