top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

戸田奈津子、“トム・クルーズの隣にいなかったワケ”を告白!字幕翻訳の極意は「感情的にちゃんと訴えられる日本語を」

MOVIE WALKER PRESS

戸田奈津子、“トム・クルーズの隣にいなかったワケ”を告白!字幕翻訳の極意は「感情的にちゃんと訴えられる日本語を」

トム・クルーズ主演のスカイアクション映画『トップガン マーヴェリック』(公開中)が、早くも日本興行収入70億円を突破する大ヒットを記録している。7月3日には、この日60歳を迎えたクルーズを祝ってTOHOシネマズ日比谷でバースデイイベントが開催され、映画字幕翻訳家の戸田奈津子、日本語吹替版でマーヴェリック役の声優を務めた森川智之が登壇。サプライズで、モデルのUTAがバースデーケーキを乗せたワゴンを持って駆けつけた。

本作は、超精鋭パイロット養成校トップガンの訓練生の青春を描いた『トップガン』の36年ぶりとなる続編。困難な任務に直面したベスト・オブ・ザ・ベストのパイロットたちの元に、伝説のパイロット・マーヴェリックが教官として赴任する。

クルーズとは40年来の付き合いがあり、彼から絶大な信頼を受けている戸田だが、なんとクルーズとは誕生日も一緒。この日で86歳となった戸田は「偶然にお誕生日が一緒なものですから。今日こういったイベントを組まれてしまって」と口火を切った戸田は、「いつもトムにお世話になってますけれど、 こういうことまでトムのおかげ。こんな晴れがましいところに出させていただいて、本当に感謝です」と笑顔を見せ、大きな拍手を浴びた。

首に巻いたスカーフはトムからのプレゼントだそうで、戸田は「トムはお誕生日に必ずお花をくれる。今朝もお花屋さんがステキなお花を持ってきてくれて、そこにエルメスの袋がついていた。その中に入っていたのがこれ」とスカーフを紹介。「今日はたまたま黒い洋服を着ようと思っていたので、すごくぴったり。トムは千里眼なんじゃないかと思う」とクルーズのセンスに惚れ惚れ。「本当にグッドタイミング。トムちゃん、ありがとうございます」と親しみを込めながら感謝を述べていた。

“来日したクルーズの横には、必ず通訳の戸田が隣にいる”というのが、おなじみの光景だったが、先日の来日では、ステージに戸田の姿は見えなかった。戸田は「トムはやれることすべてに熱心でしょう?いつも200パーセントの力を出す努力をしている。私も通訳として、やはりこんな年齢になってパッとうまく通訳できなかったら、もし100パーセントを欠いてしまっら、200パーセントを出しているトムに申し訳がないと思った」と説明。「来る1月前ぐらいに決意して、『今回は降ろしていただく』とメールした。そうしたらかなりびっくりしていたけれど、状況を説明したら『わかった』と許してもらいました」と直接、クルーズに降板の申し入れをしたという。

この日は森川が戸田をエスコートをしてステージに上がったが、戸田が「記者会見の終わりには、いつもトムも手をとって舞台を降ろしてくれた。なぜ私にあんなに優しくしてくれるのかわからないけれど、トムは本当に優しい方」と明かすと、森川は「それはもう、戸田さんの人柄じゃないですか?」と分析。戸田は「なにも特別なことはしてませんよ。本当にいい人だから、みんな、彼にはなにかしてあげたいという気持ちになる。その一人ですよ」とクルーズの人間力について語る。森川も「トムのファンサービスのすごさは、世界一。以前、歌舞伎町をジャックして、夏の炎天下のなかで2、3時間レッドカーペットをやった」と続くと、戸田は「あの人は汗をかかない。スターは汗をかいてはいけないということで、水も取らない。最後までビシッとしている。あの根性はすごいですよ」と称えたが、これには森川が「アスリートのような身体を持ったトムの横に、炎天下でもずっと一緒に戸田さんがいる。逆に言うと、戸田さんのほうがすごいんじゃないか」と笑っていた。
またクルーズと戸田の誕生日を祝って、モデルのUTAがバースデーケーキを持って登場するひと幕も。バースデーケーキにはクルーズと戸田の顔がプリントされており、戸田も大喜び。「イケメンに負けていられない」と森川もバースデーケーキを用意してきており、2つのケーキをプレゼントされた戸田は楽しそうに笑っていた。さらにUTAが2人に質問をすることになり、戸田に向けては「制限のあるなかで翻訳をする。どこにポイントを置いていますか?」との質問を繰りだした。

英語ができるUTAならではの質問だったが、戸田は「英語のわかる方が字幕をご覧になると、どんなに縮めているか。そして短くするのは難しいことだろうと想像していただけると思う。時間も限られていますから、全部は訳せない。直訳をしたら、画面中が字になっちゃいます」と微笑み、「一番重要なことは、その人の気持ちが一番出るセリフにすること。訳が合っているとか合っていないかとか批判をする人もいますが、そういうことではなくて。その場にいるその人の気持ちが、どんな日本語として伝わってくるか。お芝居なんだから、そこが重要になる。感情的にちゃんと訴えられる日本語を心がけています」と”心”を訳すことこそ、字幕翻訳の極意だという。

一方、役作りについて聞かれた森川は、「戸田さんと僕は、字幕と吹替えという、まったく真逆な仕事をしている。でも共通しているのは、僕たちは“お手伝いをしている”ということ。その映画のおもしろさを、しっかりと後押しできるような仕事ができるのがベストだなと思っている。トムの作品に対する想いや、マーヴェリックの気持ちをしっかりと(持つ)。森川という声優が前面にでないようにする。映画を観た時に『あ、吹き替えだったんだ』と思われるぐらいの気持ちで関わっていきたい」と打ち明ける。すると戸田も「理想的な字幕は、(観客が)『トムが日本語をしゃべっていた』と感じてくれるような字幕。邪魔をしちゃいけない。あまり存在感がある字幕は、(鑑賞している人の集中力が)削がれる」と“透明な存在”でありたいと、共感を寄せていた。

取材・文/成田おり枝

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル