top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

尾上右近がどろどろの恋愛悲劇とTHEジェントルマンの時代物に挑む 『研の會』制作発表レポート

SPICE

尾上右近



尾上右近が、2022年8月22日(月)、23日(火)に第六回『研の會』を開催する。演目は『色彩間苅豆(以下、かさね)』と『実盛物語』。会場は国立劇場 小劇場。『かさね』は、文楽人形とのダブルキャストを予定している。 配役は次の通り。 

一、色彩間苅豆
【22日昼・23日夜】かさね/尾上右近、与右衛門/吉田簑紫郎
【22日夜・23日昼】与右衛門/尾上右近、かさね/吉田簑紫郎
 
ニ、実盛物語
実盛 尾上右近
瀬尾十郎 坂東彦三郎
小万 中村壱太郎
太郎吉 坂東亀三郎
葵御前 尾上菊三呂
小よし 中村梅花
九郎助 片岡市蔵


■お待たせしすぎたかもしれません!

3年ぶり6回目、右近のセルフプロデュース公演だ。

広告の後にも続きます

「前回の開催より3年の間、色々な事がありました。『研の會』は自分がやりたくて自分でやる自主公演。みんなを引き連れ、巻き込み、今できる限りの情熱をぶつける自己研鑽の場。3年の間に培ったもの、たまったものを全力で発散したいです。『かさね』も『実盛物語』も非常に物語性があり見どころ満載です」


3年間で自身の成長に手応えを感じられることもあったのではないだろうか。

「勝ち負けの世界ではなく点数がつく職業でもないので、『勝った』と思うことはありません。でも、負けた時はハッキリと分かるものです。それと同じで、成長の手応えを感じることはないのですが、手応えがない時ははっきりと分かります。その意味で、この3年に成長した部分もあると思います。『研の會』でも手応えがなかったことは一度もありませんので、何かを掴み続けてこられたのだと思います。待っていてくださった方がきっといると信じ、お待たせしました! お待たせしすぎたかもしれません! そんな思いでやらせていただきます」

■どろどろの悲劇のラブストーリー『色彩間苅豆』

「どろどろのラブストーリーで悲劇の物語」と紹介する『かさね』。清元が演奏する作品だ。主人公は、大人の男の与右衛門と年頃の娘かさね。男女の仲にある2人を、昼夜で役を入れ替えて両方演じる。

「かさねも与右衛門も、どちらもやってみたかった。どうすれば2役同時にできるかは、長らく頭の片隅で考えていました。そんな中、文楽の人形遣い、吉田簑紫郎​さんにお目にかかる機会がありました。文楽と歌舞伎で何かコラボできないか。実は『かさね』をやりたいと思っていた。文楽人形と歌舞伎俳優のパフォーマンスにしたら面白いのでは? と」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル