top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

吉高由里子が大河で挑む「紫式部」時代の性と暴力(3)藤原道長は未亡人を「拉致&暴行」の暴虐

アサ芸Biz

『源氏物語』が書かれた時代は、一条天皇の時代だが、その1代前の花山(かざん)天皇は、在位期間の短さに比してとびきり話題の多い人物だった。

花山天皇は、叔父の天皇が譲位したことで、わずか17歳で天皇となったためか、血気盛んで、平安後期に描かれた歴史物語『栄花物語(えいがものがたり)』などには、家臣に娘を差し出すように命じたとか、『江談抄(こうだんしょう)』という書には、即位式が始まる前に女官を高御座(たかみくら)にひきずり込んで犯したというバイオレンスなエピソードが記されています。しかも、即位から半年の間に4人もの女を宮中に迎え入れたといいます。まもなく最愛の女性・忯子(しし)が亡くなり、19歳の時には突然出家して、わずか2年で退位してしまう」(末國氏)

 平安時代のバイオレンスとは、権力闘争もさることながら、実際の暴力も激しかった時代だと前出の河合氏は解説する。

「いわゆる死刑などが350年間ぐらい行われていなかったので、その意味では平安だったわけですが、庶民に限らず貴族もけっこうな暴力事件を起こしています。藤原道長自身も、20代前半の若い頃、役人登用試験の試験官を拉致して脅し、知り合いの試験結果の改竄を迫ったりしている。道長の四男の藤原能信(よしのぶ)などは、未亡人への性暴力未遂犯の逃亡に手を貸したり、強制行為をされかけた当の未亡人に暴行し、拉致し、あげく未亡人宅で略奪の限りを尽くしたとされる。実行したのは従者とはいえ、トンデモなバイオレンス親子であったことは間違いなさそう」

広告の後にも続きます

 河合氏は続ける。

「道長の甥で藤原伊周(これちか)という人物は、出家して法皇となっていた花山天皇が、自分の女に手を出しているんじゃないかと疑い、花山法皇に弓を射かけさせ、法衣を射貫くという事件(長徳の変)を起こしている。伊周は、かつて、道長のライバルで権力の座を争ったほどの地位にあったのに、女のことで元天皇に弓を射たことで失脚し、大宰府に左遷されてしまいます」

 それにしても天皇に弓を射かけるとは、後先を考えないウルトラ・バイオレンスな所業だが、末國氏はさほど驚く様子を見せない。

「この時代なら、そんなに珍しいことではないでしょう。天皇は担がれる存在で、都合が悪くなれば、退位させて他の人物を天皇にすればいいというくらいの存在。〝神聖にして侵すべからず〟というのは近代になってからですから」

 今日我々が抱く、平安時代のイメージとはかけ離れた、少しも平安ではない側面が、「源氏物語」の背後にはあったようだ。

 性もバイオレンスもすぐ、傍らにあった時代である。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル