top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

階段の上り下りなら効果的…「ながら運動」ではヤセない理由

幻冬舎ゴールドオンライン

階段を上り下りするとき、一方の脚だけで体重を支えます。この動きは、下半身の筋力アップが可能です。常にエレベーターやエスカレーターを使っている人なら、今日から階段生活に切り替えるだけで、確実に体が変わります。パーソナルトレーナーとして25年の経験の中野ジェームズ修一氏が著書『やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則』(飛鳥新社)で解説します。

ダイエット成功者は目標設定がうまい

▶Q:目標を立てるならどっち?

A:「できるかできないか」のギリギリがベスト!
B:確実にできる余裕を持ったレベルがベスト!

イラストレーション=斉藤ヨーコ、中野ジェームズ修一著『やせるのはどっち?』(飛鳥新社)より。

正解はこっち! A:「できるかできないか」のギリギリがベスト!

■達成する見込みが50%の目標設定がダイエットの成功率を上げます。

広告の後にも続きます

ダイエットを始めても挫折しやすい人は、「2週間でお腹を凹ませたい」「2か月で体重を10kg落としたい」など、非常に高いハードルを掲げる傾向があります。

しかし、高い目標をクリアするためには、当然、食事のコントロールは厳しくなり、トレーニングの内容もハードになります。そのため、どうしても挫折してしまうのです。

かといって、簡単にクリアできる目標を並べても、体への刺激が足りません。ダイエット効果が実感できず、やはり挫折の原因になります。

中野ジェームズ修一著『やせるのはどっち?』(飛鳥新社)より。

実はダイエットが成功する人たちには、「目標設定がうまい」という共通する特長があります。

人は目標を達成すると、“幸せホルモン”と呼ばれる脳内物質(神経伝達物質)、ドーパミンが分泌され、幸せ感、充実感を味わえます。すると「もう一度、この幸せ感を味わいたい!」と思うので、同じ行動を繰り返すようになります。

つまりドーパミンを分泌させるような目標を設定することで、ダイエットの成功率をぐっと上げることができるのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル