top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

問われるロボット審判を巡る“是非”。現役審判と選手は何を語る?「ロボ審判とは異なるコールを何度もしたよ」。 <SLUGGER>

THE DIGEST

問われるロボット審判を巡る“是非”。現役審判と選手は何を語る?「ロボ審判とは異なるコールを何度もしたよ」。 <SLUGGER>

 日米とも、相変わらず審判や判定に関する話題がネットを賑わせている。これを好機と捉えたという訳ではないだろうが、MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは2024年にロボット審判を導入する可能性に言及している。 

 ぼくが小学生だったその昔(1970年代前半だ)、21世紀ははるか先で、「21」という数字自体が未来の象徴だった。(ぼくにとっては、高橋一三や東尾修の背番号だったが)。その頃、子どもが夢に描く21世紀の代表的テクノロジーが、テレビ電話と空飛ぶクルマだった。 

 その数年後、日本シリーズでは本塁打がフェアかファウルかを巡って試合が1時間19分も中断した。その4年後、打球の判定について某球団の2コーチが審判を暴行するという事件が起きた。「小突く」というレベルではなく、倒れ込んだ後も足蹴にするなど「ボッコボコ」にしたのだ。その後長い年月が流れた。 

 映像を伴う会話はもはや日常だし、空飛ぶクルマですらその芽は見てとれる。ビデオリプレーは一般的になり、フェアかファウルかで長時間試合が中断したり、いわんや暴行事件に至ることはあり得ない。 

 ストライク、ボールの判定にも大きな変化が押し寄せている。メジャーリーグは、電子機器の判断を球審が参照しコールを下す、通称ロボット審判(正式にはAutomated Ball Strike System)を提携先の独立リーグであるアトランティック・リーグでの実験を経て、現在は一部のマイナーリーグで運用している。

 もっともマンフレッドは、コールはあくまで球審が独自の判断で行い、ロボ審判は判定への抗議であるチャレンジ制度用としての使用の可能性も匂わせているようだが。 
  ロボ審判のメリットは、何より判定が安定していることだ。

 2019年にぼくは、ロボ審判を含む各種の新ルール実験を取材すべくアトランティック・リーグを訪れたが、選手はおしなべてこの点を挙げ、肯定的だった。見るからに最先端技術に疎そうなオールドスクール派のある監督(元メジャーリーガーだった)ですら、「判定で揉めて進行が遅れるより、こっちの方が良い」と言い切った。 

 しかし、ある審判員は「時代の流れと受け入れるしかない」としながらも、「個人的にはクソだ」と憤懣やるかたない様子だった。「ロボ審判はゾーンをかすめる投球を正確に判断できない、オレはロボ審判とは異なるコールを何度もしたよ」。 

 彼は怒りだけでなく懸念も示した。「ロボットさんのお助けが必須となりゃ、審判の地位は低下する」というのだ。「オレはかつてマイナーのトライアウトに参加したが採用されなかった。だけどベースボールが心底好きで、審判の道を選んだんだ。オレみたいなヤツは減っていくんじゃないか」と、最後には寂しそうに語った。 

【動画】誤審、誤審、誤審の嵐。現地も大荒れしたストライク判定をチェック 野球界には、あらゆる職種に関しMLB を頂点とするヒエラルキーが形成されている。世界中の才能豊かな選手がメジャーを目指し、MLBのGMを目標とする秀才がマイナー球団のフロントオフィスで研鑽を積んでいる。審判も同様のはずだ。

 しかし、彼の指摘する通り、ロボ審判の登場によりメジャーの審判員のスタータスは低下し、下部組織やアマチュアまで含めた審判員の在り方も変わって行くかもしれない。 

 もっとも、ロボ審判是非の結論はこの先数年ではなく、数十年先、いや22世紀までも視野に入れて導き出すべきものだと思う。現時点では、アメリカにせよ、日本を含む他国にせよ、最先端機器によるロボ審判の導入はMLBと傘下の一部のマイナー以外は不可能だろう。しかし、そのうち草野球ですら、スマホのアプリでそこそこのパフォーマンスでストライク-ボール判定ができる日が来るかもしれない。 

「人のプレーを人(だけが)ジャッジする」様式はロマンチックだが、今後、世の中の電子化が一層進む前提で考えると、それに拘ることには限界があると思う。特に、ベースボールが、アメリカにせよ日本にせよ、他のエンターテイメントがあふれる中で国民的娯楽であり続けるためには。 
【動画】誤審、誤審、誤審の嵐。現地も大荒れしたストライク判定をチェック
  以前、クーパーズタウン野球殿堂博物館の学術研究員に野球の起源に関してインタビューしたことがある。「野球は、1839年にクーパーズタウンで、後の南北戦争の英雄アブナー・ダブルディ将軍が考案した」というおとぎ話は論外としても、その研究員は「いつ、どこで野球は生まれた、ということはあり得ない」と言い切った。 

 それこそ、人類が誕生した頃から存在するStick & ball gameが長い年月を掛け、シームレスに分化、進化を重ねた結果が現在のベースボールだ、というのだ。実際、MLB発足後もルール、運営フォーマット、技術、用具、戦術、それは常に変化し続けてきた。 

 野球殿堂博物館には、古代エジプトにもStick & ball game が存在したことを示す壁画の写真が飾られている。逆に言えば、今後もベースボールが不変であることはあり得ない。判定への電子データの活用は、歴史の必然だろう。 

文●豊浦彰太郎 

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】大谷翔平の“まさかの勘違い”シーンが話題!審判にフレンドリーに挨拶を交わす姿に現地記者は爆笑「友達じゃないよ」

【関連記事】大谷翔平のMVP獲得に米記者が独自見解。「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年」でも“可能性”が消えない理由

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル