top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

木村文乃とトータス松本が初共演!犬のセレネちゃんとのバランスをシーソーで楽しむ「眼鏡市場」新CMがオンエアスタート

music.jpニュース

木村文乃とトータス松本が初共演!犬のセレネちゃんとのバランスをシーソーで楽しむ「眼鏡市場」新CMがオンエアスタート

TVCMでは眼鏡市場の人気商品「nosefree(ノーズフリー)」の2022年新型モデルを紹介。nosefreeは一般的なメガネと全く違うバランス設計により、鼻への重量負担を平均約20%カットしています。鼻の重量負担を減らすことで、鼻にパット跡が残りにくく、鼻からの滑り落ちを低減している、掛けて驚きのあるメガネです。2022年新型モデルの「nosefree」は全5モデル全15種と幅広いデザイン、カラーを展開し、ストレスを軽減するメガネとしてお使いいただけます。視力に合わせたレンズ料金込みで、19,800円(税込)からご購入いただけます。

新TVCMの見どころ

今回の商品は、眼鏡市場のオリジナルブランド「nosefree (ノーズフリー)」の2022年新型モデル。
一般的なメガネと全く違うバランス設計により、鼻への重量負担を平均約20%カットしています。そのバランス設計による商品便益を表現するため、出演者のトータス松本さんと木村文乃さんに着用いただき、お二人でシーソーを楽しんでいただきました。
シーソーはnosefreeのバランス設計をイメージしています。2人の体重差を犬のセレネちゃんがトータス松本さんから木村文乃さんの方に移動をすることでシーソーが均等に保たれ、このバランスがnosefreeのバランス設計を表現しています。
またCM挿入歌は、眼鏡市場とウルフルズのオリジナルタイアップ曲「アイズ」を前回CMから継続使用。眼鏡市場が掲げるコミュニケーションワード「晴れた目でいこう。」からイメージして制作いただいた曲となります。

■TVCM nosefree 「シーソー」篇 15秒 


■WebCM nosefree 「シーソー」篇 30秒 


■nosefree 公式ウェブサイト 

https://www.meganeichiba.jp/lp/nosefree2022/



nosefreeについて

軽量なメガネでも鼻に跡がつき、鼻からのずり落ちが起こる原因は、メガネの重心バランスにあります。一般的なメガネではフロント側に重心があるため、重量の大半が鼻にかかりますが、nosefreeではその重心バランスに工夫があります。モダンの先端にオモリをつけ、鼻にかかる負担を平均約20%カットしています。そうすることで、鼻の重量ストレスから解放され、鼻に跡がつきにくく、鼻からずり落ちにくくなっています。

バランス設計の違いや特長の図解

木村文乃さん着用フレーム

nosefree NOF-105 DMBR  価格(フレーム+レンズ)19,800円(税込)

トータス松本さん着用フレーム

nosefree NOF-304 KH   価格(フレーム+レンズ)26,400円(税込)

トータス松本さんからのコメント


晴天の中で、木村文乃さんと初めて共演をさせて頂きました。CMのシーソーのバランスのように、nosefreeのバランスも不思議なバランスで、本当にずれにくく、いいメガネだと思いました!

木村文乃さんからのコメント


トータス松本さんとは初めましてでしたが、私がアイズを口ずさむシーンでは一緒に歌って下さり、とても素敵な方なのだなぁと温かい気持ちになりました!

バランス犬のセレネさんの大活躍もあり年甲斐もなく小学生以来のシーソーではしゃいでしまいましたが、勢いがあってもでもズレることはなく、夏晴れの気持ちの良い景色をストレス無く楽しむことが出来ました。

タレントプロフィール

トータス松本

ウルフルズのボーカルとして、1992年シングル「やぶれかぶれ」でデビュー。


「ガッツだぜ!!」でブレイクし、その後のアルバム「バンザイ」はミリオンヒットとなり、紅白歌合戦出場。2001年に「明日があるさ」で 二度目の紅白歌合戦出場を果たす。2003年、初のソロカヴァーアルバム「TRAVELLER」を発表し、自身のルーツであるソウル、R&Bの名曲をカヴァー。2009年のウルフルズ活動休止後は、ソロ・アーティストとして3枚のオリジナルアルバム、2枚目となるカバーアルバムを発表。2014年、ウルフルズの活動を再開。以降もライブを中心にソロ活動も継続。2017年紅白歌合戦にソロとして初出場。2018年4月よりFM COCOLOにて新番組「Got You OSAKA」のDJを担当〜現在も継続中。2019年、大河ドラマ『いだてん』に河西三省役で出演。2020年、連続テレビ小説 『おちょやん』に竹井テルヲ役で出演。
音楽活動と並行し、CM、ドラマ、映画、執筆活動等、多方面で活躍している。
トータス松本Official Web Site 

https://www.tortoisematsumoto.com/




ウルフルズ


1988年に大阪で結成、メンバーはトータス松本(Vo, Gt)、ジョンB(Ba)、サンコンJr.(Dr)。
バンド名は、メンバーお気に入りのLPレコードのジャケットの帯にあった「ソウルフル」が改行のため「ウルフル」と読めたことに由来。1992年5月13日にシングル『やぶれかぶれ』でデビュー。1995年シングル『ガッツだぜ!!』、翌年の『バンザイ〜好きでよかった〜』でブレイク。アルバム『バンザイ』は100万枚を超える大ヒットを記録。二度のNHK紅白歌合戦出場を果たす等、数々のヒット作を世に送り出した、唯一無二のロックバンド。
自身の全国ツアー、恒例の野外ライブ「ヤッサ」はもちろんのこと、各地のフェスでもその圧巻のライブパフォーマンスで多くの人を魅了し続けている。昨年から全30曲からなるセルフカバーアルバム「ウル盤」「フル盤」「ズ盤」を連続してリリース。2022年5月にはデビュー30周年を迎え、4年ぶりのヤッサを大盛況のうちに終え熱気が冷めやらぬ中、秋からは全国ツアーも開始される。
ウルフルズOfficial Web Site 

https://www.ulfuls.com/




木村文乃


趣味:スキューバダイビング、写真、映画鑑賞、ギター演奏
特技:料理、乗馬、スキー、剣道(初段)、水泳
1987年10月19日生まれ、東京都出身。
映画『アダン』(06年)オーディションでヒロインデビュー。主な出演作にNHK大河ドラマ『麒麟がくる』『七人の秘書』(20年)『#家族募集します』(21年)、映画『追憶』(17年)、『居眠り磐音』(19年)、『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(21年)などがある。
公式Instagramでは240万人のフォロワーを持つ。
木村文乃Official Web Site 

広告の後にも続きます

https://tristone.co.jp/kimura/

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル