top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ワッツ・オン・ブロードウェイ?~B’wayミュージカル非公式ガイド【2022年夏号】

SPICE



2021-22シーズンを締めくくるトニー賞の授賞式が6月12日に行われ、秋の新作の開幕日が出揃ったり、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など来年の新作情報もちらほら出始めたりと、2022-23シーズンが本格的に到来しつつあるブロードウェイ。一方で、今年のトニー賞最多5冠の『カンパニー』、ロングラン中の『ディア・エヴァン・ハンセン』や『カム・フロム・アウェイ』など、誰もが日本語版を妄想しそうな作品のクローズも相次いで発表された。日本語版を観て理解が深まった状態で再びブロードウェイ版に臨んで観比べる、という“日本に根を張るおたく”最大の醍醐味は、なかなか味わわせてもらえないようだ…。

さて、劇場閉鎖以降お茶を濁してばかりいたのでもはや誰も覚えていないだろうが、今号よりこの連載本来の趣旨に立ち返り、上演中のミュージカルの日本に根を張るおたく的見どころを紹介していく。大ロングラン作品はコロナ前に取り上げ終えているので、ここからは5月の訪問で観てきた準新作たちを。計10本を季刊ペースで2~3本ずつ取り上げていくとそれなりの時間がかかり、どれがいつ「上演中のミュージカル」でなくなってしまうか分からないため順番に迷うところだが、次回以降のことは都度都度考えることにしてとりあえず、今年のMYベスト及び現時点で既にクローズ発表済の作品から――。
 

■『MJ ザ・ミュージカル』

あるアーティストの半生を本人の楽曲で綴る“伝記系ジュークボックスもの”の例は枚挙に暇がないが、本人のプライベート面の闇にまで迫り、普遍的な人間像に落とし込んでこそ優れたそれという風潮もあるなか、マイケル・ジャクソンの“特異なアーティスト性”に真っ向からスポットを当てた意欲作。伝説の「デンジャラス」ツアーのリハーサル現場を舞台に、取材に訪れたテレビクルーの目を通して彼の楽曲制作とコンサート演出に懸ける思いを描き出していくのだが、1曲ごとにそれこそコンサート並みに変わる、しかし舞台ならではの、いちいち度肝を抜く演出と音響が作り手のマイケルに対する愛と敬意を物語る。だからといってただショーにはなっていないのは、マイケルの歌って踊るために生まれてきた使命感、そして温かくも茶目っ気あふれる人間性を主演のマイルズ・フロストが見事に体現しているから。観ている間じゅう心の中で「やばい」と叫び続け、一幕ラストで開いた口がふさがらなくなり、帰国のその日まで「ほかの新作を犠牲にしてでも、滞在を延ばしてでももう一度観ようか…」と本気で悩んだ、今年の筆者のベスト中のベスト作!

■『Tina:ザ・ティナ・ターナー・ミュージカル』

広告の後にも続きます

一方こちらは、DV夫から逃れて自分の道を歩み始める人間ティナ・ターナーを描く、言葉を選ばずに言えば「よくある(何の変哲もない)」伝記系ジュークボックス。ティナ役のNkeki Obi-melekweの、観ていて「歌うんめー」以外の語彙力をなくすパフォーマンスがほぼ唯一の見どころで、故に日本語版妄想もとりたてて膨らまなかった。ただ逆に言えば、このジャンルには既にそれだけの“フォーマット”が確立されているわけで、ならばぜひそれを使った日本人アーティストの伝記系ジュークボックスが観てみたい。題材となるアーティストと楽曲への思い入れが観る側にあれば、何番煎じだってきっと楽しいはずだ。



 

■『カンパニー』

かつて日本でも山口祐一郎主演で上演されたソンドハイムの名作の、35歳独身の主人公を女性に置き換え、物語もアップデートしたリバイバル版。発想は面白いし演出もおしゃれでトニー賞5冠にも納得はしているのだが、いかんせんあまりにも(ロンドン発だけど)THEアメリカン・コメディで、これまた日本語版以上にこういう感じの日本オリジナルミュージカルの誕生を切望してしまった。日本ではミュージカル=現実離れした物語みたいなイメージが根強いのか、オリジナル作品でもそうした題材が選ばれがちだが、そういうお金のかかりそうなものは翻訳上演することにして、こういう現実に即した身近で現代的な題材こそぜひ、日本の実情を反映して日本語でミュージカルにしていただきたい。



 

【2022-2023シーズンの新作】
*情報は2022年7月1日時点のもの

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル