top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

米倉涼子、脱・地上波で「バストの先端」解禁の日!スポンサーの後押しを受けて…

アサ芸Biz

 かつては〝視聴率女王〟と呼ばれた米倉涼子(46)が、ここにきて「脱・地上波」へ舵を切ろうとしている。

 芸能ジャーナリストの竹下光氏が解説する。

「米倉の代表作が『ドクターX』(テレビ朝日系)。17年放送の第5シーズンから19年、21年と1年おきに放映されてきました。その流れで、来年には第8シーズンがオンエアされる見込みでしたが、米倉サイドの意向もあって続編制作は絶望視されています」

 米倉といえば、20年3月をもって、27年間在籍していたオスカープロモーションを退社。個人事務所を設立し、社長と女優の二足のわらじで活動している。

広告の後にも続きます

 米倉に近い芸能関係者は板挟みのジレンマをこう語る。

「個人事務所になってからは収入が不安定に‥‥。というのも局や企業、雑誌社によって支払いペースがバラバラですからね。入金額が20万円にも満たない月もあってさすがに焦っている様子でした」

 独立から2年が経ち、いきおい仕事の選び方にも変化が。

「地上波のドラマで、1話500万円のギャラを提示されたこともありました。しかし、撮影期間は身動きが取れず、おまけに放送時期に合わせて、ほぼノーギャラで番宣にも駆り出される。事務所の運営費やスタッフの給料を考えたら、地上波のドラマにうまみはありません」(竹下氏)

 地上波離れが進む中で、大きな収入源となっているのが配信ドラマだ。今年1月には主演を務めたネットフリックス版「新聞記者」が世界に向けて配信されている。

「米倉だけでなく、相手役に綾野剛(40)、横浜流星(25)や寺島しのぶ(49)という豪華な顔ぶれは、資金が潤沢なネットフリックスならでは。地上波と比べても制作費はケタ違いで、政治がからむ企画に難色を示していた米倉には1話あたり1000万円近いギャラが提示されたと言われます」(映画関係者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル