top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大手企業の夏ボーナス14%増 物価上昇でもボーナス商戦は盛り上がる?

オトナンサー


今年の夏のボーナス商戦は盛り上がる?

【夏のボーナス商戦】企業側にはどのようなメリットがある?

 経団連は6月21日、従業員500人以上の大手企業105社の夏のボーナスの妥結状況(第1回集計)を発表しました。発表によると、従業員1人当たりの平均は、昨年比13.81%増の92万9259円でした。例年、夏のボーナスが支給される6月から7月にかけて、家電量販店などがセールを実施していますが、今年はウクライナ危機などによる物価上昇が続いており、ボーナスが増えても消費者の財布のひもが固い可能性も考えられます。

 今年の夏のボーナス商戦は盛り上がるのでしょうか。小売店などがボーナスの支給時期にセールを実施するメリット、デメリットも含めて、経営コンサルタントの大庭真一郎さんに聞きました。

節電グッズの売り上げが伸びる可能性

Q.そもそも、夏と冬のボーナスの支給時期(6月~7月、12月)は、小売店などにとって年間を通じた中で、大きな売り上げが見込める時期なのでしょうか。それとも、ほかの時期の売り上げの方が大きいのでしょうか。

広告の後にも続きます

大庭さん「販売する商品の種類や価格の水準などによって、売り上げが見込める時期が異なります。例えば、家具や家電などの価格の高い商品は、ボーナスの支給時期に売り上げが伸びる傾向があります。なぜなら、ボーナスの支給をきっかけに買い替え需要が発生するからです。

それ以外にも、『ハロウィーンの時期に、手頃な価格のグッズ類の売り上げが増える』『クリスマス時期に、アクセサリー類の売り上げが増える』『年末時期に、掃除用品の売り上げが増える』など、モノの特性に応じて特定の時期に売り上げが増える商品もあり、それらの商品を販売する小売店は、該当する時期に売り上げが見込めることになります」

Q.小売店などがボーナスの支給時期にセールを実施するメリット、デメリットについて教えてください。

大庭さん「業種を問わず、共通のメリットとして、『販促につながる』『在庫を圧縮できる』『キャッシュ(現金)が増える』ということが挙げられます。セールと銘打って集客することで、来店客に店の存在や販売商品の内容を知ってもらい、今後の来店を促すことができます。さらに、商品を購入した客にポイントカードなどを付与することで、顧客の囲い込みの効果も期待できます。

小売店は、商品を販売するために在庫を抱えますが、セールを行うことで、在庫にかかるコストを圧縮することができます。在庫が多いと、在庫を保管し続けるためのコストや不良在庫を処分するためのコストも増加します。また、在庫の保管スペースには限りがあるため、在庫を過剰に抱えてしまうと、新たな商品を仕入れることが難しくなるという悪影響も生じてしまいます。

そこで、そのようなリスクを防止するために、小売店は在庫を適正化する、つまり在庫を処分するためのセールを実施しますが、そのような目的でのセールをボーナスの支給時期に行うケースもあります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル