top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スティーヴ・ハケット来日記念! 初心者おすすめ『幻惑のスーパー・ライヴ』を分析/金属恵比須・高木大地の<青少年のためのプログレ入門> 第31回 

SPICE


金属恵比須・高木大地の<青少年のためのプログレ入門> 
第31回 スティーヴ・ハケット来日記念! 初心者おすすめ『幻惑のスーパー・ライヴ』を分析

 

 元ジェネシスのギタリスト、スティーヴ・ハケットが満を持して9度目の来日を果たす。しかもジェネシスの名アルバム『月影の騎士(Selling England By The Pound)』と名ライヴ盤『セカンズ・アウト(眩惑のスーパー・ライヴ)』の完全再現をするという。社会情勢のため、来日が延期されていたが、やっと眩惑のステージを日本でも見ることができるのは嬉しい。

 スティーヴ・ハケットは、ジェネシスの歴代メンバーの中でプログレ時代の同バンドの音楽を正統的に継ぐ、由緒正しいプログレ・ミュージシャンとして名高い。遡ること47年前の1975年。ピーター・ガブリエルが脱退して間もない時に、初のソロ・アルバム『ヴォヤージ・オブ・ジ・アカライト』を発表。ジェネシスのリズム隊メンバーであるフィル・コリンズとマイク・ラザフォードを起用し、名アルバム『月影の騎士』(1973年)の世界観をそのまま引き継ぐ名盤となった。1977年にはジェネシスを脱退しさまざまな音楽性に挑戦していくが、1996年に『ジェネシス・リヴィジテッド(新約創世記)』というジェネシス・セルフ・カバーを発表したことで、プログレ期ジェネシスの継承者となる。2012年には『ジェネシス・リヴィジテッドⅡ』を発表。プログレ・ファンを喜ばせ続けてくれているのだ。

Steve Hackett「Voyage of the Acolyte」「Genesis Revisited」


 今回演奏される『月影の騎士』はプログレ期の名盤で、『フォックストロット』(1972年)と人気を二分する。スティーヴ・ハケットが継承するプログレ期ジェネシスの結晶である。「ファース・オブ・フィフス」の華麗なピアノ・ソロとシンセ・ソロ、そして泣きのギター・ソロは構成のプログレ・バンドに多大なる影響を与え、“プログレっぽくするならこの曲の真似すればとりあえずOK”という教科書的な楽曲だ。「シネマ・ショウ」も同様で延々と続くシンセ・ソロは誰もがコピーをしたくなる名メロディ。また、ジョン・レノンが当時お気に入りだった「アイ・ノウ・ホワット・アイ・ライク」といったポップな曲も間に挟んでいるのも特徴だ。

広告の後にも続きます

Genesis「Selling England By The Pound」


 さて、ジェネシスといえば、前々回の連載でダミアン浜田陛下(以下:陛下)とプログレに関する対談でも話題になった(第28回「ダミアン浜田陛下のプログレ入門!〜D.H.C.ライヴを語る〜」https://spice.eplus.jp/articles/303114 )。陛下も筆者もプログレ・ファンだが、ジェネシスの良さを理解するには相当な時間を要したエピソードを語り合った。陛下は『静寂の嵐』でやっと目覚め、筆者は『セカンズ・アウト』でジェネシス・トラウマを克服した。奇しくも、ともに1977年発表のアルバムである。これは偶然なのか、必然なのか。

 ということで、今回は『セカンズ・アウト』に焦点を当ててみたい。

Genesis「Seconds Out」


 まず、なぜ他のプログレ・バンドと違い、陛下も筆者もなかなか良さに気づかなかったのだろうか。陛下は最初に『怪奇骨董音楽箱』(1971年)を聴いて難色を示したという。筆者は『インヴィジブル・タッチ』(1986年)を聴いてトラウマとなり、『フォックストロット』(1972年)で克服しようとするも失敗した。

 その理由は、1969年から現在までの50年近い歴史の中で幾度も繰り広げられた音楽的変化、そしてメンバー・チェンジではないかと考える。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル