top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【映画批評】スター誕生の瞬間に立ち会える『エルヴィス』! 間違いなくオースティン・バトラーのトリコになる映画です

Pouch[ポーチ]

【映画批評】スター誕生の瞬間に立ち会える『エルヴィス』!  間違いなくオースティン・バトラーのトリコになる映画です

【最新公開シネマ批評】映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回紹介するのは、スーパースターのエルヴィス・プレスリーの伝記映画『エルヴィス』(2022年7月1日公開)です。世界で最も売れたソロ・アーティスト、エルヴィス・プレスリーの裏側を描いた超話題作。まずお伝えしたいのが、エルヴィスを演じたオースティン・バトラーがかっこいいんです〜!

それでは物語から、熱くご紹介していきますっ!

【物語】

エルヴィス(オースティン・バトラーさん)は、黒人移住地域の数少ない白人専用住宅で育ち、少年時代から黒人音楽に傾倒していました。やがて彼は、リズム&ブルースとカントリーミュージックをミックスさせた音楽でステージに立つように。そんなエルヴィスの歌声と腰を振るパフォーマンスはあまりにセクシーで、女性たちを熱狂させていました。

そして、そんな彼をじっと見つめていたのがピーター・パーカー大佐(トム・ハンクスさん)。エルヴィスのスター性に目をつけて、マネージャーとしてエルヴィス・プレスリーを世界的スーパースターに押し上げていきます。

広告の後にも続きます

しかし、実はパーカー大佐は危険人物だったのです……。

【ロックの王様であり、元祖アイドルのエルヴィス】

エルヴィス・プレスリーという存在は知っているけど、彼の功績を知らない人は多いと思います。何しろ1950年〜60年代のスーパースターですからね。でも、この映画を見ればエルヴィスが、ロック、アイドル、エンタテイメントショーなど、芸能のさまざまなジャンルのパイオニアだったことわかります。

映画の前半、エルヴィスはステージでエキサイトし腰を振るのですが、その姿を目の当たりにした女子たちはキャーキャーと大騒ぎ! エルヴィスが発するフェロモンが女子たちをとろけさせていくのです。

この女子たちがイケメンに発する黄色い声援「キャー!」は、ここから始まったのでは? とも思いましたよ。

そして演じるオースティン・バトラーの魅力も相まって、スクリーンを通してもその色気はビシバシ伝わってきます。こちらもドキドキしっぱなしです!

彼がいなかったらビートルズもクイーンも生まれなかったと言われていますが、ロックだけでなく元祖アイドルでもあったのだと思います。

【凄腕マネージャーがエルヴィスの才能を食い潰した?】

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル