top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

なぜ人は絶えず学び直さねばならないのか? 変化を恐れず、挑戦し続けた葛飾北斎に学ぶ(大関暁夫)

J-CAST会社ウォッチ

昨年あたりからよく耳にするようになった横文字に、「リスキリング」というものがあります。この言葉を初めて聞いた時、「キリング(Killing)」がやたらに耳に残って、一体何を「殺す」のだろうかと、やけに物騒な印象を覚えた記憶があります。

実際には英語のスペルは「Reskilling」なので、「Re」「Skilling」すなわち「再び」+「スキルを身につける」、一般的には「学び直し」と訳されています。

なぜ今、「リスキリング」なのか?

昨年あたりからこの言葉がよく使われるようになった背景は、コロナ禍でテレワークやオンライン化が一気に進んで、DXなるものが時代にあった企業経営をすすめていくうえでのキーワードになったということがあります。

すなわち、コロナ感染の広がりへの対応を機とした思いがけぬ変革に乗り遅れないため、企業は社員を再教育する必要に迫られ、「リスキリング」の名のもとで社員の学び直しに着手。一方の社員も、積極的、自発的にこれに取り組むことが求められているわけなのです。

その観点からは、ここでちゃんと「学び直し」しないと社員として「亡き者になっちゃいますよ」ということでもあり、語感から「キリング(Killing)」を意識することもまんざら見当違いでもないのかもしれません。

広告の後にも続きます

表面上は、時代に取り残されないために、デジタル領域での知識やスキルを新たに身につけよう、という意味で「リスキリング」が使われることが多いようです。ところが、転じて時代の変革に合わせ、「今のままではいけない」「今こそ、新たな知識を身につけよう」という風潮が世の中に広がっている、というのが現状ではないかと感じています。

過去、日本企業に勤めるビジネスパーソンは、どちらかというと経験や蓄積ノウハウに頼る傾向が強く、ナレッジ化などという言葉でその経験や蓄積ノウハウを社内共有することの重要性は叫ばれてはきたものの、新たな知識やスキルを身につけようという風潮は弱かったと言えます。

企業が社員個人の「学び」を後押ししてこなかったことも、その理由のひとつではあると思います。その意味で、「リスキリング」は今、日本企業やジャパニーズ・ビジネスパーソンの「学び」の姿勢を変えるという意味での、転換点を象徴する言葉なのかもしれません。

あの『富嶽三十六景』は70歳を過ぎてからの作品!

以前、私がこの春から大学へ通い始めた話を書きましたが(「慣れすぎ注意!オンラインの仕事だけでは得られない…人と出会って、話して、聞いてこそ広がる視野(大関暁夫)」参照)、DXがらみの「リスキリング」ではないものの、これも一種の「学び直し」であると自認しているところではあります。

私自身がなぜ今、「学び直し」を志したのかですが、最大の理由はコロナ禍で時代の変革を肌で感じるようになり、やはり「過去の延長ではない自分」を形成する必要性を徐々に感じはじめてきたということがありました。

年齢的に考えていまさら、新たな知識をもって新領域のビジネスに手を伸ばそうということではないのですが、SDGsという言葉が国民の間で当たり前のように口にされるようになった今、「学び」もまた、「永続的な発展(Sustainable Development)」を意識して取り組むことの大切さを感じているところでもあるのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル