top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

くら寿司社員の平均給与はいくら? 気になる業績推移や平均勤続年数もチェック!

J-CAST会社ウォッチ

上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、回転すし店「無添 くら寿司」のチェーン展開を営む、くら寿司です。

くら寿司は1977年に大阪・堺市で創業。2001年に現ジャスダック、2004年に東証二部へ上場し、2005年に東証一部に指定替えしています。2009年には北米へ出店し、2019年に米NASDAQ上場、2020年に台湾TPEx上場も果たしています。

52億円の助成金収入で最終黒字転換

それではまず、くら寿司の近年の業績の推移を見てみましょう。


くら寿司の売上高は右肩上がりを続けており、2019年10月期には24期連続増収を達成しました。

2020年10月期はコロナ禍の影響で連続増収がストップしましたが、国内事業の連続増収は継続。2021年10月期には過去最高売り上げを更新しています。

広告の後にも続きます

一方、営業利益率は2019年10月期に4.0%に下がり、2020年10月期には0.3%に。2021年10月期にはマイナス1.8%の営業赤字に転落しています。

最終損益は、2020年10月期に2億6200万円の赤字でしたが、2021年10月期には19億100万円の黒字に転換。これは、営業時間短縮に伴う助成金収入52億3300万円が営業外収益に計上され、赤字を穴埋めしたものです。

2022年10月期の業績予想は、売上高が前期比28.0%増の1888億6900万円、営業利益が28億2700万円(営業利益率1.5%)、最終利益は同51.4%増の28億7800万円となる見込みです。

海外は北米と台湾に出店

くら寿司は「飲食事業」の単一セグメントでしたが、2021年10月期の第2四半期より「日本」「北米」「アジア」の3区分のセグメントに変更しています。

2021年10月期の売上高構成比は、日本が89.1%と大半を占め、北米が4.7%、アジア(台湾)が6.2%でした。セグメント利益は、日本のみが44億5100万円の黒字で、北米は10億8000万円の赤字、アジアも1億3600万円の赤字でした。

日本は、約9割の店舗で時短営業の実施や酒類提供の中止などの営業制限を受けたものの、既存店売上高がコロナ前の水準に回復しています。「ビッくらポン!」で「鬼滅の刃」など人気アニメのグッズが当たるキャンペーンを実施したことなどが功を奏したようです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル