top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ひょうたんが見せる華麗な変身 美しいジオラマとステンドグラス風ランプ

おたくま経済新聞

 豊臣秀吉の旗印にもなったほど、縁起物として知られるひょうたん。近年では夏の日差しを防ぐ「緑のカーテン」として栽培されることもある植物です。

 ひょうたんは昔から、実を鑑賞の対象や細工物の材料として利用されてきました。Twitterなどで作品を発表している「ひょうたんすみじろう」さんも、ひょうたんを素材にステンドグラス風のランプやジオラマといった作品を作っています。

【元の記事はこちら】

 古くから中をくり抜き、液体を入れる容器にするなど、身近な素材として親しまれてきたひょうたん。近年ではあまり見かけませんが、昭和20年代~30年代ごろには、実の出来栄えを競うコンテストなどもあったようです。

 このひょうたんと、ひょうたんすみじろうさんとの出会いは、2014年のこと。

広告の後にも続きます

 「毎年ベランダでゴーヤなどを使ってグリーンカーテンを作っていましたが、何か新しい植物でグリーンカーテンを作ろうと思って調べたところ、ひょうたんを見つけました」

 実が食べられるゴーヤ(ニガウリ)と違い、実の活用法はあるのだろうか……とさらに調べていたところ、ひょうたんランプの存在を知り、その美しさに衝撃を受けたそうです。

「自分でも作ってみたい!と思い、栽培したり、たまたま実家にあったひょうたんをもらって、ランプの作成を始めてみました」

 ひょうたんランプを作っていくうち、彩りのあるステンドグラス風のランプという技法を思いつきました。2017年からは、実を切り開いてくり抜いた空間にジオラマを作るようになったといいます。

 そして「ひょうたんすみじろう」という屋号(名前)を名乗りだしたのは2016年からのこと。現在までにランプが200点ほど、そして36点のジオラマ作品が誕生しています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル