top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松屋から2つの新牛めし シャキシャキ食感がクセになる「キムごぼうサラダ牛めし」と「ビビン牛めし」

おたくま経済新聞

 松屋から2種類の新牛めし、シャキシャキ食感の「キムごぼうサラダ牛めし」と、甘辛ダレの「ビビン牛めし」が、7月5日に期間限定で発売されます。どちらも税込550円で、一部店舗を除く全国の松屋で販売されます。

【元の記事はこちら】

 「キムチーズ」「ネギねぎ」などに続く松屋の新牛めし。今回新発売の「キムごぼうサラダ牛めし」は、定番のキムチと一緒に、マヨネーズを絡めたきんぴらごぼうがトッピングされた、サラダ牛めし。

 「ビビン牛めし」は、韓国の代表的な調味料のコチュジャンをベースに、甘辛タレで調理したきんぴらごぼうと、キムチがのった、旨辛な一品です。

広告の後にも続きます

 どちらの牛めしにも、松屋の自社富士山工場で製造したキムチを使用。きんぴらごぼうとマヨネーズとの組み合わせで、シャキシャキ食感と、旨味も風味も楽しめる味わいとのことです。

情報提供:株式会社松屋フーズホールディングス

TOPICS

ジャンル