top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

長妻怜央、阿久津慶人と兄弟役で「弟がいたらこんな感じなのか」 自由研究はトマトの観察

オトナンサー


長妻怜央さん

爽やかすぎ! 長妻怜央がピースや憂いを帯びた表情も

 映画「ラストサマーウォーズ」に出演する俳優の長妻怜央さん。同作は、小学6年生の男の子・陽太(阿久津慶人さん)は、思いを寄せるクラスメイトの明日香(飯尾夢奏さん)が、夏休み終わりに外国に引っ越してしまうことを知ります。陽太は明日香に自主映画に出てほしいと頼み、映画撮影が始まる…小学生たちのひと夏を描いた青春映画です。長妻さんは陽太の兄・宮竹匠役で出演します。

 オトナンサー編集部では、長妻さんにインタビューを実施。子どもたちとの撮影や自由研究の思い出などを聞きました。 

兄役で弟がいたらこんな感じなのかなと体感

Q.台本を読まれていかがでしたか。

広告の後にも続きます

長妻さん(以下敬称略)「小学生の頃を思い出すような内容でした。自由研究の思い出を派手に描いているなと感じました」

Q.自由研究は何かされましたか。

長妻「トマトの成長の記録をやっていました。なった後は食べました。いっぱい生えてうれしかったです」

Q.夏休みはどんなことをして過ごしていましたか。

長妻「とにかく外に出ていました。親の仕事の都合で旅行にはいけませんでした。公園の砂場で泥団子を作ったりして遊んでいました」

Q.役と共感できるところはありましたか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル